ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

2019年2月8日(金)避寒旅7日目その1

あまりグルメ的には満足できない前日となりました。

2019年2月7日(木)避寒旅6日目その3 2月やのに気温31度の真夏日の中、台湾市街地ぶら歩きデー。 結構暑さでへばっ...

昨日は30度を超える気温で、遠出をするのを諦めましたが、この日の予想最高気温は20度と涼し気です。
ちょっと雨が混じりそうではあるが、昨日行けなかった場所へ向かいましょう。
朝8時過ぎとちょっと早めにチェックアウトします、朝食もついてないカプセルホテルでしたしね。

今回泊まった宿の最寄り駅であるMRT「民権西路駅」。

ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

空模様はご覧の通り、非常にどんよりとしてるんですけど、朝の気温は17度。
このくらいの温度やとロンT1枚で行動するんが私には最適な気温。
周りの皆さん見ると、結構着込んでますけどね(^^;)
既にいつも羽織っているジャケットは、リュックの一番奥に格納されております。

スポンサードリンク

まずMRT(地下鉄)で向かったのは、最北端のMRT駅である「淡水駅」
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

結構長い時間、約30分以上は所要時間かかりました。
けど、この日はこれ以上先、台湾の最北端とも言われるような場所へ、さらに路線バスを乗り継いて行きます。
なので、こんなに朝早くから行動を開始したんですよ。

初めて観光客が乗らないようなローカル路線バスに乗るので、事前調査はしっかりと。
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

行き方を詳しく書いているブログを参考にしました。
まず、この淡水駅を出て、左側に向かい、しばらく歩くと停留所があるって言うんでその通り向かいます。

おっ、あったあった!
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

淡水客運862、863という路線バスに乗ると辿り着けるってことやから、ここでええよね。

念のために、停まる停留所も確認します。
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

台湾の路線バスは、こういう円筒状になった停まるすべての停留所が書かれたものがあります。

私が行きたい場所は「富基漁港」ってところ。
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

うんうん、ちゃんと記載されていますね。
ここで間違いないな。

しかし色んな路線のバスが来るんで、間違わないように・・・
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

心の中でずっと、「862、863」ってつぶやいてました(^^;)

バス正面上に表示されている路線番号を見失わないように、めっちゃ注意してた。
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

するとこのバスの後ろが、862って書いている!
あ、そんで台湾では乗りたい路線バスが来たら、必ず手を挙げて合図してくださいね。
でないと停まってくれませんよ。

けどね・・・その乗ったバスはそのまんま淡水駅で停まります・・・
???って思ってると、1人残ってる私に向かって、運転手さんが中国語で「?????!!!」って怒鳴ってる。
どうやら「ここで終点やからお前降りろ!」的なことを言われてるのだと気づく。

あっちゃ~やってもうた・・・
そう私が待ってた停留所は、淡水駅へ終点に向かうバスの停留所やったんですね。

そんんで降りた淡水駅には、こんなちゃんとしたバスターミナルがあります。
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

ネットにあったブログの情報はどうやら古かったみたいです。
駅降りて、こんなバスターミナルがあるだなんて・・・気づかなかった。
私が向かったのは駅降りて左でしたけど、右に向かってすぐやったんですよね。
ちゃんと「862、863」の路線バスの停留所もここにありました。
わずか1停留所分やけど、余計な金使ってしもたわ。

改めてここの停留所で待って、お目当ての路線バスに乗り込みます。
悠遊カード(イージーカード)があるんで、バスの乗り降りはとりあえずそのカードをかざしておけば運賃の計算など余計なことは心配ない。
しかしここで次に注意したのは、降りる停留所で、ちゃんと降車ベルを押して降りれるかってこと。
なんせ次はどこって中国語で言ってるからさっぱりわからん。
Googleマップの地図をずっと開いたままで、お目当ての「富基漁港」が近づくのを確認します。

バスに乗ってる時間は約50分くらいであったか、めっちゃ長い間座ってました。
ただ同じ目的地に行こうとしているご婦人の団体が降車ベルを押してくれたので、乗り過ごすことなく「富基漁港」で降車。

来たかったのがここ。
ネットのブログ情報を鵜呑みにしていると泣きを見るね・・・ローカル路線バスで台湾一のB級珍スポット?「金剛宮」へ

「金剛宮」ってお寺さんです。
日本から台湾に何度も観光で来ているって方でも、ここは知らないのではないでしょうか?
なんせ無宗教の私が目指す場所ですから、マイナーな怪しい珍寺なんですよ(^^)

では中へ入りましょう!
ってなところでこの記事も長くなりました、明日の記事へ続けますね。



スポンサードリンク

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。