安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

前回、「滋賀県立安土城考古博物館」についてご紹介させていただきました。

信長好きには必見の博物館!「滋賀県立安土城考古博物館」(滋賀近江八幡)
滋賀県は歴史街道と言われるとおり、 琵琶湖湖畔沿いで歴史上、人、物の行き来が頻繁に行われてきました。 それを織田信長が逃すはずもなく、そ...

同じ敷地内にありますし、城好きならばこっちの訪問も外せません。
共通券も購入しておりますので、「信長の館」も見学いたします。

安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

入って、その大きさに圧巻を受けましたね。
1992年「スペイン・セビリア万国博覧会」の日本館で展示された、
安土城天主最上部5階6階部分の原寸大で復元されたもの。
それを譲り受けて、こちらに展示しているんですね。

スポンサードリンク

中もキンキラキンです。
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

外観もキンキラキン。
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

いかに信長が派手好きであったのか推測できます。

しかし、この城はわずか3年で焼失しちゃうんですよね。
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

高さ約46mもあり世界で最初の木造高層建築といわれた建築物・・・
芸術作品としても場内に、この当時の象徴されるものが多かったはずですから、
歴史的価値として非常に惜しいです。

鯱がてっぺんにあるのも、信長が尾張出身である故?
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

けどこれで、わずか2階部分だけですから、
全ての階層が再現されたら圧巻やろな。

実際に建ってた山はこちらになります。
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)
再建された姿を、ちょっと想像しちゃいましたね(^^)

その当時の料理を再現した写真もあります。
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

さすが殿様料理・・・私なんか食ってるものより遥かに上質やわ。

バーチャルシアターもありました。
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

戦国時代の安土城がどのように存在していたのか分かりやすく、
映画にしています。

ぐるんともう1回周辺を周って拝見します。
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

あと安土城とは関係ありませんが・・・
安土城天主の最上部5階6階部分を原寸大にて復元!「信長の館」(滋賀近江八幡)

敷地内にある、旧柳原学校校舎(県重要文化財)。
滋賀県下で残る最古の小学校舎で、明治9年に建てられたものです。

城好きで、城めぐりをテーマに旅をされている方でしたら、
ここ「信長の館」は外せませんね。
わずか2階を再現してるだけでも、
他の外観復元城や模擬城以上に見応えはあります。
近くには現存城の彦根城もありますし、セットで巡ってみてはいかがでしょうか。

住所:滋賀県近江八幡市安土町桑実寺800番地
電話:0748-46-6512
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は翌日)、12月28日~1月4日
入館料:大人500円
信長の館との共通券:大人860円 企画展開催中900円 高大生490円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。