3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

2018年8月4日(土)1日目その2

オロロンラインを北上、羽幌町までやって来ました。

2018年8月4日(土)1日目その1 7月中旬に避暑のため、道東へ向かいましたが、さらに7月下旬・・・旭川もだいぶ暑くなりました。8月...

なぜここへやって来たのかは食べたいもんがあったんですよ。
夏のこの時期、1ヶ月ちょっとの間だけ漁が解禁になる珍味です。

「バフンウニ」ですね。

今となっては相当な高級品ですが、その日獲れたバフンウニがそのままいただける店があるのは、以前訪問して承知済み。

「ココ・カピウ」へ3年ぶりの訪問です。

3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

いや~3年前に食った、あの味が忘れられなくてね~
日本一周旅では、500食以上外食しましたが、その中でナンバー1に美味しかったと断言できます。

ココ・カピウ(北海道苫前)バフンウニ丼
http://bkyugourmet.moo.jp/cocokapiu.html

スポンサードリンク

ただ、3年前と比べて、また遥かに値段上がったな・・・
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

3年前は2500円でしたが、現在は3200円・・・
さすがにこの値段には躊躇したが、ここでしか今しか食えない丼です。
バフンウニ丼を頼みます。

ただ、さすがにこの値段の丼を相方と2人分頼める財力はない。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

1つはホッケ定食(1050円)にして、2人でシェアしていただきます。
このホッケもめちゃめちゃ美味しかったですよ。

そしてバフンウニ丼(3200円)。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

見た目的には3年前に食ったのと一緒に見えますね。
全体の構成、ボリュームともにほぼ一緒です。
で、この店はオープン10時半すぐに入店しましたが、それがなぜかはすぐに売り切れるから。
この日も、4組くらいがバフンウニ丼を頼んだ時点で売り切れてました。
それほどまでに希少価値があるウニなんですよね。

みてくださいよ、この見事なオレンジ色。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

上のリンク記事にも書きましたが、東京銀座の高級寿司屋でも絶対に喰えないのがこのバフンウニ。
なんせ、その日獲れたてのウニを剥いてすぐに出してますからね。
その甘さと濃厚なコクはムラサキウニでは絶対に出せません。

先日、ムラサキウニ39個を自分らで剥いて食いました。

「うまいよ!るもい市」会場を後にして、食べたのは駅そば(^^;) 貧乏人では会場でなにかいただくことはできませぬ。 それにし...
約40個ウニの殻剥きは大分苦労したが、ようやく完了。 甘海老も殻は剥き終わり、ホタテも相方に捌いてもらってます。 あ、そ...

あの時も幸せな味やったけど、それ以上に旨いな。

2人で計4250円とめっちゃ贅沢したブランチでしたが、たまにはええでしょ。

さて、再び、オロロンラインを北上します。
ただ、この羽幌を北上すると、ほぼスーパーはなくなるんですね。
その前に、晩御飯用の食材を購入することに。

ホクレンショップと・・・
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

コープさっぽろです。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

以前の旅では、ホクレンショップで安い毛蟹を手に入れました。

この日はオロロンラインを北上いたしましたけど、天候は雨・・・ 海岸線を走るのに、雨はつまらんな~ 早々に予定を切り上げ、雨で気温もあがっ...

今回も蟹食いたいな~と立ち寄ったけど、なかった・・・

では最終目的地へと、車を走らせます。

過去の旅ではこんな旅路でした。

極上バフンウニと毛ガニ!そしてヒグマの恐怖に怯える~オロロンラインを北上
http://nihontabi123.blog.fc2.com/blog-entry-435.html

そして、本日の一湯です。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

「てしお温泉夕映」
以前にも一度入浴したことのある施設です。
なかなか綺麗な温浴施設ですよ、宿泊もできます。

日帰り入浴料は600円。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

眺望も海を眺めることが出来ますし、はるか遠くには利尻富士も見えます。

さらに温泉が特徴的なんですよね。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

このコーラ色をしたお湯からはどんな匂いがすると思います?
なんと、おしっこ臭なんですよ。

なぜかはこれ。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

泉質表を見て分かる通り、アンモニアイオンの数値がとてつもないです。
この個性のある泉質にもう1度来てみたかったんですよね。
しかしこの日、温泉をくみ上げるポンプが不調ってことで加水された状態でした。。。
なので、前回に感じたほどはアンモニア臭はしなかったですね。

お風呂でて、最終目的地に向かう前にこちら。
3200円のここでしか食えないバフンウニ丼!そしておしっこ臭いアンモニア臭のする温泉って・・・

セイコマで本日晩飯用の食材を最後に購入します。

これで今回も宿泊はあれをやっちゃう?ってばれてしまったかな?(^^)
ってなところで長くなりました、その後の行動は明日お昼12時の記事で続けますね。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。