奇才を放つ昭和期の建築物 八王子料亭「なか安」(東京八王子)珍建築

この日の行程は、埼玉秩父方面から奥多摩を抜けて、八王子入り。
そこで、なんじゃこりゃ?って思われる建築物を発見しました。

奇才を放つ昭和期の建築物 八王子料亭「なか安」(東京八王子)珍建築

川も近くに流れている、郊外の住宅地の間から、ニョキっと顔を出す高層建築物。
なんやら、円柱のようなものがいっぱいついてるんですよね。

スポンサードリンク

一体なんの建物なんやろ?と車をその建物の下へ走らせました。
奇才を放つ昭和期の建築物 八王子料亭「なか安」(東京八王子)珍建築

どうやら飲食店みたい。
あとで調べてみると料亭なんですね、八王子料亭「なか安」って名前のお店。

なのにどうして、この高層階はこんな形になってるんでしょうか?
奇才を放つ昭和期の建築物 八王子料亭「なか安」(東京八王子)珍建築

1950年にこの地で飲食店経営を始め、
そしてホテル旅館経営を1965年~66年にかけて始めるんです。
そして、1972年にこの高層階の新館を建てたらしい。

料亭の入口。
奇才を放つ昭和期の建築物 八王子料亭「なか安」(東京八王子)珍建築

なかなか立派で、私のような貧乏人が利用できるようなお店ではないな。

では最後に建物全景を。
奇才を放つ昭和期の建築物 八王子料亭「なか安」(東京八王子)珍建築

無機質なコンクリート打ちっ放しは、この当時の流行のデザインやったんでしょうね。
そして、この幾何学的にも思われる曲線美は、今の現代ではお目にかかれない。

今となっては、ホテル経営は継続されているのかよく分かりません。
ネット上では情報がなかったです。
(あ、料亭はホームページ確認できましたので営業中です^^)
しかし、この昭和40年~50年代に建てられた、
奇才を放つデザインの建築物が残っているのは貴重でしょう。

住所:東京都八王子市暁町1-36-6

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。