明智光秀の居城であった坂本城風?「滋賀県立琵琶湖文化館」(滋賀大津)ニセ城シリーズ

全国の天守閣めぐりがこの旅テーマの1つ。
現存城から復元城、模擬城などいろんな城を巡って来ておりますが、
実際、過去には存在しなかった場所に現代建築で建てられた城を、
私は「ニセ城」と呼んでおります(^^)
滋賀県、琵琶湖湖畔に、なんでも県立のニセ城があるんだとか・・・
では、参りましょう、「滋賀県立琵琶湖文化館」です。
車で近づいていきます。

明智光秀の居城であった坂本城風?「滋賀県立琵琶湖文化館」(滋賀大津)ニセ城シリーズ

想像してたよりも、結構高さのある城郭風の建物ですね。

スポンサードリンク

斜めより。
明智光秀の居城であった坂本城風?「滋賀県立琵琶湖文化館」(滋賀大津)ニセ城シリーズ

非常にがっしりとした趣きを感じます。
博物館、近代美術館、展望閣、淡水魚水族館などを有する、
滋賀県初の総合博物館として1961年に開館した、歴史のある建物なんですよね。
ただ、各々、専門に扱う「滋賀県立近代美術館」、「滋賀県立安土城考古博物館」、
「滋賀県立琵琶湖博物館」が出来ることにより、
陳列は近江の郷土文化に絞ったもになったんです。
すると年々その来場者は減っていくことになります。

建物も老朽化し・・
明智光秀の居城であった坂本城風?「滋賀県立琵琶湖文化館」(滋賀大津)ニセ城シリーズ

2008年に休館に追い込まれます。
2015年7月段階で、滋賀県知事は今度の活用は難しいと発表していますね。

しかし、ホント相当立派な城なんですよ。
明智光秀の居城であった坂本城風?「滋賀県立琵琶湖文化館」(滋賀大津)ニセ城シリーズ

もう1枚。
明智光秀の居城であった坂本城風?「滋賀県立琵琶湖文化館」(滋賀大津)ニセ城シリーズ

こうして水上に建ってる城って、他に私は見たことないです。
同じように、琵琶湖湖畔には、明智光秀が居城にした「坂本城」がありました。
今はそこは城跡しかないんですけど、
もしかしたらこんな風景だったかもしれませんね。

あともう1つ特徴があります。
明智光秀の居城であった坂本城風?「滋賀県立琵琶湖文化館」(滋賀大津)ニセ城シリーズ

てっぺんにトンボの飾りがあるんですよ。
なので、地元の方々からは、「トンボのお城」と呼ばれていたそうです。

この旅で、様々なニセ城を見て来ましたけど、
水の上に建つ城は、私の記憶の中で、強烈に印象が残りましたね。
もう建物は活用できないと結論出てるだけに、取り壊されると思います。
この琵琶湖周辺は彦根城をメインに、様々な城、城跡がありますから、
城好きな方なら、城めぐり観光のついでにいかがでしょうか。

住所:滋賀県大津市打出浜1-1
電話:077-522-8179
※現在休館中。

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。