どこからでも見える高さ100mの巨大廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)

淡路島は、なかなかB級珍スポ的な匂いがプンプンする島。
明石海峡大橋、そして大鳴門橋により、本州、四国とも陸続きとなったが、
どうしても通過ポイントになっちゃうんですね。
その淡路島では、一番目立つ施設がここではないかな?
「世界平和大観音像」を見にやって来ました。

廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

見てのとおりの存在感。
高さは100mあり、1977年の建立時には、世界最長高の像であったのだ。
(現在日本では牛久大仏が120mの高さでナンバー1です)
淡路島東岸沿いに位置しているのだが、この高さなので、
対岸の和歌山からでも、こちらの観音菩薩様は見えるんですよ。

スポンサードリンク

後ろ側に廻ってみました。
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

大阪の資産家、オクウチグループの創業者、奥内豊吉さんが、
私財を投じて建立した、全く宗教法人でもない個人施設でした。

「でした」って過去形にしているのは・・・
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

はい、すでに2006年閉館しているんですね。
奥内豊吉さん、そしてその奥さんが死去した後、
誰も管理される方がいなくなったんです。

本日定休日??ずっと定休日なんですが・・・(^^;)
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

淡路島への観光客誘致のため建立され、多いときには1日2000人の来訪者があったそうです。
ちなみに入館料は800円。
ただ宗教法人でもないので、中の展示物は、
奥内豊吉個人のコレクションやったみたいで、
クラシックカーや時計、美術品などが飾られていたそうである。

すでにガラスも割れており、荒廃がすさまじい。
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

現に落下物が飛散するなどの近隣被害が出ており、
2009年5月には世界平和大観音像検討委員会が設置されたぐらいである。

誰も引き取り手はないんかいな?
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

で、調べてみると、一時期リーマンブラザーズ系の金融会社が、買い取ったんですよ。
しかし、あのリーマンショックで手放し、
競売にかけられるも、誰も入札者がなかったんです。

また、傍らには、こんな塔も存在しています。
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

十重の塔。
こちらも高さ40mあるんですね。

しかし・・・
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

てっぺんの飾り、倒壊しており、いつ落ちてくるかわからん状態に。
近くに営業しているレストランもあったんですが、こりゃ恐怖ですね。

今となっては、その表情が無機質に見えてきます。
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

魂が抜けてしまった顔に見えませんか?

今の景気、そして淡路島観光事情から察するに、
引き取り手は、まあ現れないでしょう。
いつ崩壊してしまうのか、それまでに解体できるのか?
まあ、やっかいな淡路島のお荷物となっちゃいましたね。

行ってよかった?
★★★★★★★☆☆☆(10段階評価で星7つ)

住所:兵庫県淡路市釜口2006-1

目次へ戻る

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。