タイ国鉄に乗り込みローカル鉄道の旅へ出発!その行き先はいずこへ?

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

2018年5月20日(日)6日目その1

ファランポーン駅近くのホテルで宿泊でした。

2018年5月19日(土)5日目その4 バンコクの中華街「ヤワラート」に行ったけど、結局何も食べてない私・・・ あ、けど...

前日そこそこの行動でやめたのは、この日がバンコク滞在でも1番の移動日になるから。
早朝6時には目覚めております。
無料朝食付きのホテルでしたから、朝6時半、そのレストラン会場へ。

タイ国鉄に乗り込みローカル鉄道の旅へ出発!その行き先はいずこへ?

朝食時間はチェックイン時に説明もあって分かってたけど、朝食券に関してはなんも言われなかったんよね。
(ってより、説明はあったけど、私が全然英語ヒアリングでけんから分からなかっただけ?)
会場行くとなんか朝食食べるのにチケットがいるみたいで、タイ語でなんか言ってるんですよ、なのでキー見せたけど、どうやらフロントに行けって言ってるみたいです。
なので、フロントで「Breakfast ? OK ? ]ってキー見せて言ったら、券をくれました。
日本やとチェックイン時にもらえるから、こんなのさっぱり分からんわ。

スポンサードリンク

なんとか朝飯にありつけます。
タイ国鉄に乗り込みローカル鉄道の旅へ出発!その行き先はいずこへ?

こちらのホテル、バイキング形式でした。
ただ3000円以内の安宿なので、そんな豪華ではありません。
ヨーロピアンスタイルとでも言ったらええんかな、ごく普通に洋食系がずらりと。

あ、あと中華系のホテルやからこんなのもあった。
タイ国鉄に乗り込みローカル鉄道の旅へ出発!その行き先はいずこへ?

貝柱が入ったおかゆと、中華風の野菜炒めです。
この2点は美味しかったですね。

さーて、朝食食ってすぐに出発だ!
タイ国鉄に乗り込みローカル鉄道の旅へ出発!その行き先はいずこへ?

ファランポーン駅は、地下鉄の駅と直結して、タイ国鉄の駅もあります。
ここの宿に泊まったのは、朝早くから、タイ国鉄に乗り込むため。
30年前の日本の駅くらいに感じる駅舎のデザイン♪風情あるね。

問題は切符の買い方ですね。
タイ国鉄に乗り込みローカル鉄道の旅へ出発!その行き先はいずこへ?

窓口で、「To Ayutthaya , 8:20 O’Clock」と告げると、すぐに分かってもらいチケットを発行してくれました。
あらかじめタイ国鉄の時刻表で列車の出発時刻は調べてました。
そう、本日はアユタヤ観光へ向かいます。
他に何も言わずにいると、3等の自由席になるみたい、座席指定は空白になってますね。
料金はたったの20バーツ(75円)でした。
1時間20分かかる行程でこの値段にはびっくりした。

やっぱ乗り物の旅は好きやわ~
タイ国鉄に乗り込みローカル鉄道の旅へ出発!その行き先はいずこへ?

ワクワクしてきますね(^^)
切符買う時に、「eleven」って言われたから、何かな?と考えてたらあっホームナンバーやと気付く。11番ホームに向かいます。

乗り込むとこんな列車です。
タイ国鉄に乗り込みローカル鉄道の旅へ出発!その行き先はいずこへ?

西洋人はこの乗り方でアユタヤに行くのが常套手段みたいで、ほぼ白人観光客で埋め尽くされてました。しかし、途中の駅から地元タイ人も続々乗り込んで来て、車内立ち客もいてほぼ満員の列車です。
あ、そんで3等にも全部指定席として番号はふってあって、後から乗り込んできたタイ人は指定席券を買ってたみたいで、先に座ってた観光客らしい人間をのかしてました。どうやらこの3等車、指定で発券されていないとこは自由席として座ってもええシステムになってるみたいですね。私の座ったとこは、指定で発券されたとこやなくってよかった(^^)

では、向かいます。
ってとこで、この記事も長くなりました。
明日お昼12時の記事でこの日行動を続けますね。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。