227名もの女学生がこの沖縄戦で亡くなりました「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄糸満)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

「沖縄県平和祈念資料館」を見学いたしました。

戦時遺産を巡る旅でもあった、今回の日本一周。 沖縄は太平洋戦争での激戦地でもあったので、そういう場所が非常に多いです。 そして、沖縄南部...

そして、沖縄南部には、もう1つ、戦時資料館があります。
「ひめゆりの塔」は日本人ならば誰もがご存じでしょう。
日本軍に従軍して、看護婦として学徒動員され、
亡くなった女学生の鎮魂のため、建立されたものです。

227名もの女学生がこの沖縄戦で亡くなりました「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄糸満)

そのすぐ傍に資料館もあるんですね。
「ひめゆり平和祈念資料館」です。

227名もの女学生がこの沖縄戦で亡くなりました「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄糸満)

こちらにも立ち寄ります。
入場料は大人310円でした。

スポンサードリンク

しかし・・・

館内すべて写真撮影禁止なんですよ。
この沖縄戦で、227名もの女学生が亡くなっているんですけど、
その遺影、遺品がたくさんありますもんね。
個人のプライバシー考えると、撮影禁止は当然ですね。

生存者の証言映像や手記も展示されており、
その悲惨な戦場を目の当たりにできました。

こちらは外なので撮影しております。
227名もの女学生がこの沖縄戦で亡くなりました「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄糸満)

ひめゆりの塔そばにある、伊原第三外科壕。

こんな自然洞窟(ガマ)が外科病院として使われました。
227名もの女学生がこの沖縄戦で亡くなりました「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄糸満)

資料館の中では、この洞窟の中の様子が、実物大で再現されております。

資料館としての規模では、上にリンクしました
「沖縄県平和祈念資料館」の方が充実しております。
しかし、沖縄南部の観光で、はずすことのできない資料館2つです。
私自身、今回の那覇滞在で、一番行ってよかった地ナンバー1に挙げますね。
非常に有意義なママチャリ放浪日でした。

住所:沖縄県糸満市伊原671-1
電話:098-997-2100
営業時間:9:00~17:30(入場は17:00まで)
定休日:年中無休
入場料:大人310円/高校生210円/小・中学生110円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。