ふじ田(北海道稚内キタカラ)利尻昆布を使った蕎麦を日本最北端の駅そばでいただく

やって来ました日本最北端の都市、北海道稚内。
花火大会もあり、2日間ほど滞在しましたが、ええ街でした。
その後の行程では飲食店がほとんどないので、
稚内を出発する前に、何か食べておきたい。
というわけでやって来たのが、JR稚内駅にある商業施設「キタカラ」にあります、
「ふじ田」ってお店です。

ふじ田(北海道稚内キタカラ)利尻昆布を使った蕎麦を日本最北端の駅そばでいただく

見ての通り、立ち食いそば屋さん。
日本最北端の駅そばなんですよ。
駅そば、路麺店、こういう立ち食いそば屋大好き人間なんで、
この最北端の駅そば、食ってみたかったんですよね。

スポンサードリンク

こちらがメニュー。
ふじ田(北海道稚内キタカラ)利尻昆布を使った蕎麦を日本最北端の駅そばでいただく

あ、店内奥に写っておりますとおり、左側入口から、座れる席もあります。
グループで落ちついて食べるならば、こっちでええですけど、私は1人ですからね。
立ち食いでさっと食って、出発します。
メニューはそば、うどん。
これ見て、食べるもんはすぐに決まりました。
利尻こんぶそば(480円)。
結局、この旅で利尻島には渡ることはなかったです。
その昆布を使ったそばを、是非いただいてみたかった。

あと、お弁当も売っています。
ふじ田(北海道稚内キタカラ)利尻昆布を使った蕎麦を日本最北端の駅そばでいただく

ずわい蟹を使っておりますが、結構値段高いな。
ま、こういう駅弁タイプは、私は興味ないのでスルー。

出来ました、利尻こんぶそば(480円)。
ふじ田(北海道稚内キタカラ)利尻昆布を使った蕎麦を日本最北端の駅そばでいただく

葱と利尻こんぶのトッピングです。
よく関西の立ち食いそばでは、昆布そばをよく頼むわたくしめ。
その味とどう違うか楽しみ♪

まずは利尻こんぶ。
ふじ田(北海道稚内キタカラ)利尻昆布を使った蕎麦を日本最北端の駅そばでいただく

味としては・・・うーん、違いがよくわからん。
別に関西の立ち食いそばでも、利尻こんぶやと書いてなくても、
利尻こんぶ使ってるかもしれないですしね。
美味しいのは美味しいですよ。

蕎麦。
ふじ田(北海道稚内キタカラ)利尻昆布を使った蕎麦を日本最北端の駅そばでいただく
平凡です、どこの関西立ち食いそばでもいただくことが出来る質。

そして、この出汁。
ふじ田(北海道稚内キタカラ)利尻昆布を使った蕎麦を日本最北端の駅そばでいただく

これが関西の立ち食いそばと大きく異なります。
濃ゆそうってのは見て分かりますけど、それに甘みが強い。
私がこの北海道で苦しめられた甘い味付けそのもんです。

関西の鰹と昆布の薄味出汁に慣れている人間には、馴染めないでしょう。
日本最北端の駅そばって以外に、あまり特徴は感じなかったってのが正直な所。
ま、お値段も安いし、ここキタカラでさっと食うにはお手軽ではあります。
ただ、北海道は蕎麦も名産ですから、
今後ご紹介することになるお蕎麦屋さんを巡られるのを、オススメします。

住所:北海道稚内市中央3-6-1 キタカラ1F
電話:0162-22-9702
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

↓お勧めリンク↓

休日の蕎麦と温泉めぐり [ そば遊楽隊 ]

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。