原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

熊本の阿蘇から、大分竹田方面へ移動してきました。
宿のチェックイン時間までまだ時間があったので、1つ観光地を訪問します。

「原尻の滝」へやって来ました。

原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

見てのとおり、世界的に有名なあの滝に似てませんか?
アメリカのナイアガラの滝ですね。
まあ規模は全く違い過ぎるくらいですけど・・・
9万年前の阿蘇山の大噴火があり、その大火砕流によって形成された「田園地帯に突如出現する」とても珍しい大滝だとのこと。

スポンサードリンク

この滝の上側も歩くことができます。
原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

そんなに水量はないんですよ。
沈下橋になっていて、ぶらり散歩。

こっから落ちたらどうなるんやろね?
原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

本家のナイアガラではまず助からないでしょうけど、こっちは死にはしないだろな。
しかし本編でも書きましたが、車ごと2009年にこの滝に落ちて男性2名が死亡した事故は発生しております。

幅は120m、高さは20mの滝です。
原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

結構美しいと思いませんか?
なので、日本の滝100選、大分県百景にも選ばれている名瀑なんですよ。

下流を眺めます。
原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

おっ!あんなとこに吊り橋あるやん、あれを渡りましょうか。

こんな木製の吊り橋になっております。
原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

名前は滝見橋。
東洋のナイアガラ滝と一番好きなシュワシュワ炭酸泉「長湯温泉」で宿泊です

結構揺れるんでスリルありますが、本編で書いたとおり、高所恐怖症の相方は高校生らしきグループにおもちゃにされとりました。

なかなかこういう吊り橋って渡る経験ってないですよね。

私は面白がってたけど、相方は恐怖に慄いておりまして、渡り終わった後、「薄情もの!」と罵られました。。。

また、下に降りて滝の近くまで行くこともできます。
原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

しばしこの水しぶきを眺めていると、なんか癒される気分やわ。

うん素晴らしい。
原尻の滝(大分)日本の滝100選に選ばれた阿蘇山が生み出した東洋のナイアガラと呼ばれる滝

私は日本全国周っているのでこういう滝を眺める機会もよくありますけど、ここは来てみてよかったって思えるレベルの滝です。
滝のすぐ下流左岸には、道の駅「原尻の滝」があり、滝を見学する際にはそこの駐車場が利用可能ですし、車があれば立ち寄りやすい場所にあるからおススメできますね。

また歩くのが得意な方は、以下の場所も一緒にいかがでしょうか。

私は別にダムマニアではない。 しかし、死ぬまでに見ておきたいダムが2つありました。 その一つは、富山県「黒部ダム」。 まあ、こちらは誰...

住所:大分県豊後大野市緒方町原尻936-1
電話:0974-42-2137(道の駅 原尻の滝)
営業時間:なし
定休日:なし
入場料:無料
駐車場:無料



九州の滝 100の絶景 [ 熊本広志 ]

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。