泥棒市場と呼ばれる「クロントム」市場は怪しいジャンクな電化製品のオンパレードであった(タイバンコク)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

今回のバンコク旅では結構楽しみにしてた場所です。
ヤワラート(中華街)からも歩いてすぐなんで、ついでに散策しようと思ってました。
クロントム市場と呼ばれていますね。

泥棒市場と呼ばれる「クロントム」周辺は怪しいジャンクな電化せ品のオンパレードであった(タイバンコク)

市場ですから、小売りで物販されているのはもちろんなんですが、泥棒市場の異名をもつこの市場なんですよ。
ヤワラート中華街の北西に位置しており、バンコクにはいろんなマーケット市場があるが、ここは異色なんです。
電化製品を中心に、雑貨系も含めなんでも揃っているイメージ。
ガラクタ、ジャンク系のものが多いんですよね。
衣類も、プラチナムファッションモールみたいなお洒落感はありません。
靴下でも5足100バーツで売られていますね、日本円で350円ってとこ。

スポンサードリンク

電気系でも、もういろんなものが売られています。
泥棒市場と呼ばれる「クロントム」周辺は怪しいジャンクな電化せ品のオンパレードであった(タイバンコク)

携帯のアクセサリみたいなもんから、工場で使う大型の機械、ここで何か買おうと思って来ても、どこへ行ったらええか全くわからんでしょう。

中でもやっぱ多かったのは、スマホの関連商品ですね。
泥棒市場と呼ばれる「クロントム」周辺は怪しいジャンクな電化せ品のオンパレードであった(タイバンコク)

秋葉原に似てるイメージがあるのかなって、事前で見た写真の印象なんてそうでした。
しかし、こりゃ全然違います。

なにか面白いものが安くあれば買おうかなって思いました。
泥棒市場と呼ばれる「クロントム」周辺は怪しいジャンクな電化せ品のオンパレードであった(タイバンコク)

ただ、ゲームやエロDVDのコピー商品なんてのもめっちゃ多く売られていたけど、そういうのだけは手を出さないように・・・
PCソフトの海賊版とか探すなら、ここはもう天国でしょう。

この店のこの電飾ってどういうとこで使うんやろ?
泥棒市場と呼ばれる「クロントム」周辺は怪しいジャンクな電化せ品のオンパレードであった(タイバンコク)

ホント、訳わからんもんが数多く売られていて、めっちゃ混乱します。

道のど真ん中でもこんなもんが売られていますよ。
泥棒市場と呼ばれる「クロントム」周辺は怪しいジャンクな電化せ品のオンパレードであった(タイバンコク)

一体どこから盗って来た(失礼)んや?って思われる中古カバン類。
いくらなんでしょうね。
またこの充電器の大群も、この中からどうやって自分に合うもん見つけられるんやろ?

日本で同じような雰囲気の場所、どこかにあるかって問われたら、日本一周をやった私でも、どこか全く思いつきません。
バンコクもあちこち日本と同じような綺麗で整然とした雰囲気の場所が多かったですけど、ここはまるでカオスです。
やっぱバンコクは発展途上国の首都やなって感じられる場所ですね。
発展途上国らしさをここバンコクで味わいたいなら、絶対にこのクロントム市場は訪問するべきです。
ヤワラート(チャイナタウン)とセットで巡るのがええですね。

↓お勧めリンク↓

バババババンコク ハマッてカマッてタイ旅行〈デジタル版〉
スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。