九份の名物スイーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を♪(台湾)

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

台湾一の人気観光スポット、「九份」にやって来ました。

私は、英語も現地語も全くしゃべれないので、海外旅で行きたいなって思った場所は、とことんどういう交通機関を使ったらよいか、事前に徹底的に調べて...

とりあえずは初台湾なので、メジャー観光スポットは面白い、面白くないに関わらず、一通り抑えておくつもり。
そして、ここでないとなかなか食えないグルメもあるしね。

というわけで、やってきたのがここ、「阿柑姨芋圓」(アーガンイーユーイェン)です。

九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

芋圓(ユーイェン)ってのは、タロイモ団子を使ったぜんざいみたいなもの。
台湾では有名なスイーツグルメです。

場所は結構、九份の街の中でも、標高の高いとこに位置してますね。
結構な階段をのぼって行くと、そこにはとんでもない行列が待ち構えています。
ただ、店頭で注文するとすぐに商品を渡してくれるので、回転はかなり早いので、躊躇せず、最後尾に並びましょう。

スポンサードリンク

お値段はこんな感じ。
九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

はーい・・・日本語どころか英語の併記もありません。
なので、事前にどんなのがあるのか調べていたほうがええですよね。
おおまかに分けると、上に書かれているのはかき氷の入った冷たいぜんざいタイプ、下に書かれているのは熱いスープにはいったものです。
1つだけ60元のがありますが、ほぼ50元(約180円)。
「綜合」って書いているのが、3つの豆が全部入ってるタイプなので、それが食べたかった。
なので私がお店の方に、「ミックス、ワン、プリーズ」って頼むと、「ツメタイの?アツイの?」って日本語で返された(^^;)
あ、両方ともミックスあるわ・・・「冷たいの」と返します。

しかし台湾は英語なくても、大体漢字の雰囲気で分かるからええよね。
上の写真メニューでも、練乳は+10元やって理解できる。

商品受け取ると店の奥へ入って行きます。
九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

そう、ここは店頭のレジで代金支払って、商品受け取り、イートインするって仕組み。
その途中、こうしてタロイモ団子を作ってるとこを見ることが出来ます。

矢印があるんでどこに行けばええか分かりやすい。
九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

どうやら漢字の文字から、絶景が眺められる場所があるみたい、向かおう。

ほぉ~!
九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

さすがにこりゃ、窓際のカウンターに座ったら、絶景見れるわ。
この芋圓(ユーイェン)食べて休憩しながらの風景は、めっちゃよくない?

そのイートイン場所は2階に分かれてます。
九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

1階降りたところのほうがすいてたので、私はこっちで。
特に1人で食べても、ぼっち感はなかったですよ。
たたほとんどは、2人以上で来られてますけどね。

これが、総合タイプの冷たいタロイモ団子ぜんざい。
九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

大豆と紅豆、うぐいす豆で作られた団子が3種類入ってますね。
そして日本のぜんざいのような小豆って構成。
このタロイモ団子は温かいですが、この下にかき氷がつまっていて、それを溶かしていただく仕組み。
思っていた以上にボリュームがありました。

では、いただきます。
九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

食べてみると、このお団子自体にはあまり味がないので、小豆ぜんざいの甘みで食べるってグルメですね。
この団子はあくまでモチモチした食感を楽しむって程度。
日本的に表現すると、味は冷たいぜんざいに里芋を練って作った団子が入ってるってイメージかな。
まさにそういう味わいです。

団子を全部食べるとこんな感じ。
九份の名物スィーツグルメ「阿柑姨芋圓」タロイモ団子ぜんざいを食いながら絶景を

かき氷と、小豆って構成になっているのがお分かりかと。

結構、ボリュームあったんで、なかなかお腹は満腹に。
誰でも好き嫌いなく食べることができる無難なスイーツグルメだと思います。
この絶景を見ながら、200円弱程度で休憩できますから、1度は食べてみる価値あるグルメだと思いますよ。

もう1軒食べてますので、明日の記事へ続けますね。

住所:No.5, Shuqi Road, Ruifang District, New Taipei City, 台湾 224
電話:+886 2 2497 6505
営業時間:9:00~20:00
定休日:無休


スポンサードリンク

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。