「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

2018年7月9日(月)3日目その1

川湯温泉にある「川湯観光ホテル」で宿泊でした。

2018年7月8日(日)2日目その3 知床羅臼~標津~中標津~養老牛温泉と走って来ました。 走行距離は約200㎞でしたね...

夜通しずっといつでも入れる温泉なので、次に起きたタイミングは早朝5時。

しかしまた天気悪いよな・・・

「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

雨も時々降る予報もあり、自然のよさはこの日も楽しめずに終わりそう。6月中旬から7月中旬にかけての北海道の天候の悪さは、最悪でしたね。この時期に北海道観光へ来られた方は、大自然のよさをあまり味わえなかったことと思います。

スポンサードリンク

朝7時、朝食会場へ向かいましょう。
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

バイキング形式です。
この老舗ホテルらしく、昔ながらの雰囲気だな~(^^)

こんな感じで一皿め。
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

昨日の晩ご飯もそうだったが、あまり目玉になりそうなもんはありません。
ただ、生たらこがあったんと、生卵とですね。
1膳目にたらこでご飯食べて、2膳目で玉子かけご飯ができたら私は充分です。

うどんもあったんで取って来た。
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

食べないほうがよかったです・・・

カレーライス。
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

昔ながらの日本カレー。
昨日からカレー喰いたかったんで、これはよかった。

他にもいろいろ食べておりますが、また後日、別記事にします。

さらに朝の身支度をしに大浴場へ向かいます。
ここの温泉は硫黄泉なので、しっかりと地下水を湧かした真湯で硫黄臭を取り除きます。
そのまま服を着たりすると、硫黄臭さが沁みついてしまうからね。

そして10時のチェックアウトタイムぎりぎりで出発。
この日は次の宿泊地までさほど距離はないので、ゆっくりと行動します。

向かった場所はこちら。
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

何?この池の色?って思われたのではないでしょうか。
「神の子池」という観光スポットにやって来ました。

なぜこんな色合いなのか?
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

摩周湖からの地下水が湧き出ている山の奥にある池なんです。摩周湖の透明度の高さは、一度晴れているときに見たことがある方はご存知のとおり。すっごいコバルトブルーですよね。その地下水で出来た池なんで、これほどまでに透明度が高いんですよ。そして水温が8度と非常に冷たく、倒木も一切腐ることなく、化石のようになってるんですよね。まさに「神秘の池」って称号がふさわしいです。

では、その摩周湖にも向かいましょうか。
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

神の子池から南下すると、裏摩周の展望台に辿り着けます。
ここの駐車場は、無料ですよ。

しかし想像してたとおりだ。
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

天候が非常に怪しい中でしたんで、霧の摩周湖でした・・・

これで5回目の摩周湖訪問でしたが、4度目の霧の中でしたね。
「川湯観光ホテル」での朝食バイキングで今日も食い溜め♪そして「神の子池」の神秘さに魅入られる

私はこの湖とは縁遠い仲です。

では次へ向かいましょう。
ってなところで長くなりました、その後の行動は明日お昼12時の記事で続けますね。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。