大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

大阪周遊パス(スルッとKANSAI)を使った日帰り旅の5施設め。
その前にも遊覧船に乗ったのだが、この次も遊覧船(^^;)
どうしても、単価の高いのを優先してチョイスするとこうなりました。
天保山ハーバービレッジへ移動。
大阪港帆船型観光船「サンタマリア」に乗り込みます。

大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

海遊館のすぐ近くですね。
デイクルーズ約45分は本来、1600円の乗船料がかかりますが、
それが、大阪周遊パスのチケット利用ですと無料になります。

スポンサードリンク

毎時0分の出港。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

最寄りの地下鉄大阪港駅からは結構遠いんですね、
歩くと15分くらいかかります。
慌てて走って間に合った。
次また1時間後になっちゃいますからね。

船が出るぞ~
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

天保山の観覧車。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

実はこの観覧車も大阪周遊パスで無料利用できるんですが、
大規模なメンテナンス工事をこの時はやっており、乗れなかった。

冬の見た目穏やかな大阪湾。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)
天気はええけど、風がきついな~

乗船記念の記念写真場。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

船上を色々とぶらついてみます。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

ってほど大きな船ではないですけどね。

まず見えてきたのは、対岸にあるUSJ。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

一度年間パスを4年ぐらい前に購入したので、
まあ当面行くことないでしょう。

これ何か分かります?
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

舞洲にあるゴミ処理場なんです。
外国のある有名なデザイナーの方の建築デザインなんですよ。
最近、珍建築にも凝っているので、いずれ近くに見に行きます。

ここで、船内も紹介しますね。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

レストランです。
軽食とドリンクを販売しております。
冬でしたから、この窓際の席は全部すぐに埋まっていましたね。

さらに下への階段を下ると・・・
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

この船の由来にもなっている、コロンブスの説明書きが。
実際、アメリカ新大陸に到達したコロンブスの旗艦「サンタマリア号」は、
この船の半分の大きさやったんですよ。
そんな大きさの船でよく北大西洋を渡ったもんだ。

さらに、こんな座席の部屋もありますけど・・・
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

なんも景色の見えないこんなとこで過ごす客いてるんやろか?

大阪南港が見えて来ました。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

港大橋の下をくぐります。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

IKEA。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

そして海遊館に戻ってきました。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

最後に感想。
大阪港帆船型観光船 サンタマリア(天保山ハーバービレッジ・海遊館)

こういう船って、夜乗る方が楽しいやろなって印象。
夜景の方が綺麗に見えると思います。
ただ、この大阪周遊パスでは夜乗れないしな~
実際1600円支払って、もう一度乗ることはないでしょう。

行ってよかった?
★★★☆☆☆☆☆☆☆(10段階評価で星3つ)

住所:大阪市港区海岸通1-1-10 海遊館エントランスビル2F
電話:06-6942-5511
利用時間:11:00~17:00(7・8月~18:00)デイクルーズ毎時0分発
ナイトクルーズ(4月~10月金土日祝・7月~8月は毎日就航)
定休日:海遊館休館日、不定休
所要観覧時間:デイクルーズ約45分、ナイトクルーズ約90分
乗船料:デイクルーズ:大人1600円、小人700円
ナイトクルーズ:大人2500円、1250円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。