さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

前日から鳴子温泉で宿泊でした。
朝、出発して向かった先は西方面、山形県に入ります。
この山間部もええ泉質湧き立つ温泉地が多いですね。
「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」にやって来ました。

さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

老舗の宿、建物の敷地は結構広いです。
そんで、北海道編ではほとんど使う機会のなかった「まっとうな温泉」が、
ここの宿では使えて、入浴料500円が無料です。

宿のくつろぎ処はこんな雰囲気。
さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

廊下はまるで迷路のようにあちこち入り組んでおります。

スポンサードリンク

向かった浴場はこんな雰囲気です。
さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

半露天と言ったほうがええかな。
外の光が燦々と差し込むような造り(この時は天気よくなかったが)。

お湯はほぼ無色透明です。
さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

浸かってみた感も非常にさっぱりとしておりますね。

では、泉質表で分析してみましょう。
さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

もう1枚。
さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

源泉温度63.0度、PH値7.9のカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。
成分総計は1136mg/kgで、硫酸イオンの数値が半数を占めておりますが、硫黄の匂いは全然感じなかったな。
硫化水素イオンの項目はなぜか空白ですもんね。
源泉温度が高いため、加水のみの源泉かけ流しになっています。
またほぼ同じような泉質の2号源泉もあるみたいですね。

そして、こちらがこの宿名物の大浴場。
さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

岩風呂になっております。
天然の巨岩をくり抜いて作られたもので、
江戸時代に手作業で岩を削りだしております。
その作られた当時からそのまま使われているとのこと。

もう1枚。
さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

その歴史の古さを感じさせてくれます。
泉質的には半露天のものとほぼ変わりはありません。

こちらは貸し切りのひょうたん風呂。
さっぱり泉質の源泉かけ流し!山間の旅館「赤倉温泉 湯守の宿 三之亟」(山形最上町)

利用してませんので入口のみ。

源泉かけ流しではあるが、元々の泉質に特徴がないので、
あっさり、熱めのフレッシュなお湯という印象しかなかったかな。
こってりドロドロ系の泉質を好む私にはちと拍子抜け。
ただ、非常に静かで落ち着いた場所にあるので、
現実のせわしない日常から抜け出すにはええ宿やと思いますよ。

住所:山形県最上郡最上町大字富沢884
電話:0233-45-2301
日帰り営業時間:10:00~16:00
定休日:なし
日帰り入浴料:大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。