その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

吾妻連峰近辺の温泉めぐり4軒目。
福島市西部の土湯温泉から移動してきたのは、今度は「高湯温泉」。ここの温泉地の施設は以前に利用したことがあり、その硫黄泉の泉質の良さに、感動を覚えたくらいです。

「花月ハイランドホテル」の記事はこちら!

ですので今回利用するここの旅館も、かなりハードル上げて挑みます。
「高湯温泉 安達屋旅館」にやって来ました。

その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

相変わらずの激しい雨・・・
旅館の前に車を停めて、そそくさと中に入ります。こちらも日帰り入浴は750円のところ、温泉博士で無料入浴。ただ日帰りで気をつけてほしいのは、1時間の制限があること。受付時に、何時までかのカードをもらえるので、その時間までに退出しなければいけません。

スポンサードリンク

ロビー風景。
その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

高級感ある宿なんですよね~
なので日帰り入浴も大人気で頻繁に訪問客がいます。
それ故の1時間制限です。

時間もありませんから、いそいそと浴場に向かいます。
その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

おおっ!すごい!開放感あるね~
「大気の湯」という名前の大露天風呂。
こちら混浴になっております。
雨もすごくて、皆さん内湯に行ってるみたいで誰もいませんでした。

見ての通り、白濁りの温泉。
その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

温度は雨が降ってるのもあるのか、かなりぬるめ。
40度は確実切ってると思います。
その色合いどおりに、硫黄の匂いがプンプンしております。

では、泉質表で分析してみましょう。
その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

源泉温度43.7度、PH2.7の酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉。
成分総計は1150mg/kgで、うち硫酸イオンがそのほぼ半数を占めております。
この源泉温度ですから、一切加工はされずに、100%の源泉かけ流し!!
硫黄泉好きにはたまんないですよね。

あと、ここの露天風呂には洞窟風呂もあります。
その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

ここからは高温43度くらいの源泉が湧き出ておりました。
雨も降ってたので、もっぱらここの中で過ごしてましたね。

露天風呂利用の注意書き。
その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

天気のええ日にここの露天風呂は来たかったですね。

こちら、男女別の内湯です。
その白濁りの100%源泉かけ流し硫黄泉はさすがに極上!「高湯温泉 安達屋旅館」(福島市)

不動の湯って名前。
露天風呂と違ってシンプルなので、
私は露天の洞窟でほとんどの時間を過ごしましたけどね。

いや~ハードルを上げて挑みましたが、楽にクリア。
高湯温泉の泉質は、自身によく合っております。
そしてこの大露天風呂も、天気がよければ、めちゃめちゃ気持ちええでしょう。
1時間の制限があっても、立ち寄る価値はある温泉でしたね。

住所:福島県福島市町庭坂高湯21
電話:024-591-1155
日帰り営業時間:10:00~17:00(火金14:00~)
定休日:なし
入浴料:大人750円/小学生以下400円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。