旭川らぅめん青葉 本店(北海道)昭和22年創業旭川老舗の醤油ラーメンの味はオーソドックス?

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

旭川に来てから、色々と食べようと思ってたのに全然食べてないグルメジャンルがあります。

それはラーメン

旭川はラーメン王国です。
人口10万人以上の都市の人口比ラーメン店舗数では、栃木の佐野市に次いで全国ナンバー2です。

そんなラーメン店舗数の多い旭川やから、月に1回はラーメン食うと思ってたけどな。

しかし今日は食べますぞ、旭川繁華街にある、旭川らぅめん「青葉」本店にやって来ました。

旭川らぅめん青葉 本店(北海道)昭和22年創業旭川老舗の醤油ラーメンの味はオーソドックス?

ここ旭川でも老舗のラーメン人気店。

スポンサードリンク

創業は昭和22年なんだとか。
旭川らぅめん青葉 本店(北海道)昭和22年創業旭川老舗の醤油ラーメンの味はオーソドックス?

このローカルなラーメン屋雰囲気が私は好き。
現在は3代目が営業されているらしいですね。

店内はカウンター席が10席、そしてテーブル席が7席となっております。
旭川らぅめん青葉 本店(北海道)昭和22年創業旭川老舗の醤油ラーメンの味はオーソドックス?

お昼時、さすが混み合ってました。

メニュー。
旭川らぅめん青葉 本店(北海道)昭和22年創業旭川老舗の醤油ラーメンの味はオーソドックス?

基本、醤油・塩・味噌の3種類があるのは、北海道老舗店どこでも一緒ですね。
野菜らーめんのベースが何なのかは調べてません。
ここは旭川・・・醤油で攻めるべきです。

正油らーめん(750円)。
旭川らぅめん青葉 本店(北海道)昭和22年創業旭川老舗の醤油ラーメンの味はオーソドックス?

チャーシュー・メンマ・刻みネギ、そして目立つビジュアル海苔って構成です(^^)
醤油スープはかなり濃いめの色合い。

でかいバラロールのチャーシュー。
旭川らぅめん青葉 本店(北海道)昭和22年創業旭川老舗の醤油ラーメンの味はオーソドックス?

老舗らしいがっしり歯ごたえのあるもので、この醤油スープとよく合ってる。
スープの表面はラードで覆われているのも旭川らしい特徴。
鶏ガラ豚骨、そして魚介のWスープは、懐かしあっさり中華そばの味わいですね。
私はラーメンはこってり系好きなんで、ちょい物足りないか。

麺は中細の縮れ麺。
旭川らぅめん青葉 本店(北海道)昭和22年創業旭川老舗の醤油ラーメンの味はオーソドックス?

低加水のこの麺も旭川の特徴ですね。

旭川の老舗と言えば「蜂屋」も挙げられるけど、以前通販らーめんで食べてみた印象はイマイチ。

醤油ラーメン「蜂屋」(旭川)
http://bkyugourmet.moo.jp/hachiya.html

ここ「青葉」も、その味と似た雰囲気を感じましたね。
私としては、近くにある「天金」のようなラーメンの方が、好みの旭川らーめんタイプです。

旭川バスの旅・・・ バスターミナルを降りて、ランチに行く店は決めてました。 旭川と言えばラーメン王国。 特に醤油らーめんが有名な地...

住所:北海道旭川市二条通8丁目左8 二条ビル 名店街
電話:0166-23-2820
営業時間:[月~土]9:30~14:00/15:00~19:30
[日・祝]9:30~14:00/15:00~18:30
※麺及びスープ無くなり次第早期終了
定休日:水曜日

↓お勧めリンク↓

ラーメンWalker北海道

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。