1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

札幌市内を地下鉄1日乗車券を購入して、ウロチョロしてました。
暑い日やったんで、喉も乾く。
そろそろ、ゴクゴクとあのほろ苦な炭酸ジュースでも飲もうかなと(^^)
やって来たのは、「サッポロビール博物館」です。

1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

日本で唯一のビール博物館。
1890年に札幌製糖会社の工場として建設された赤レンガの建造物を利用した、
非常に味のある建物ですね。

スポンサードリンク

読みにくい・・・(^^;)
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

「麦とホップを製すればビイルとゆふ酒になる」と書いております。

こちらの博物館は入場無料、そんじゃ中へ入りますか。
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

サッポロビール札幌工場で実際に利用されていた煮沸釜。
ここで麦汁を煮沸し、ホップが加えられ、ビール独特の苦みと香りができます。

基本、展示はサッポロビールの歴史を追っていく形。
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

1876年(明治8年)に、開拓使麦酒醸造所が設立されたのが、
サッポロビールの歴史の始点ですね。

ホーロー看板。
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

居酒屋でよく壁に飾られてるの。
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

・・・・うぅぅ・・・・早くビール飲みたくなってきた(^^;)

この瓶が、「黒ラベル」のルーツとなりました。
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

生ビール、飲みてぇ~

宣伝ポスターの歴史。
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

この辺りは戦前でしょうね。

そして、昭和中期までだろうな。
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

で、私でも見覚えのある時代に続きます。
1890年に製糖工場として建設された赤レンガ工場を利用!「サッポロビール博物館」(北海道札幌)

ここ最近では、サッポロビールやないけど、
井川遥の角ハイボールポスターには、居酒屋で癒されました。
ああいう美人は、前に座ってくれてるだけでええから、一緒に飲みたい(^^)

というわけで、もう我慢できません!
有料の試飲コーナーに向かいましょう。
ということで以下の別ブログへ、続かせていただきます。
有料試飲編はこちら!

住所:北海道札幌市東区北7条東9-2
電話:011-748-1876
営業時間: 9:00~18:00(入館は17:30まで)
定休日:月曜(休日の場合は翌日 2・7・8・9月は無休)特別休館日,年末年始
入場料:無料

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。