ロボットがいてます!田井庄池公園(奈良天理駅前)懐かしき公園遊具の世界

日本一周旅第1日目は、奈良県の北部を中心に散策。
雨交じりの天気なんですけど、なんとか外に出る時は降ってない。
天理市の天理駅前にある「田井庄池公園」にやって来ました。

ロボットがいてます!田井庄池公園(奈良天理駅前)懐かしき公園遊具の世界

なんの変哲もない木の多い公園に見えますよね。
ただ、変人の私ですから、そんな公園の風景を撮りに来たわけではありません。

スポンサードリンク

これ見た瞬間になんじゃ?って思いましたよ。
ロボットがいてます!田井庄池公園(奈良天理駅前)懐かしき公園遊具の世界

そう、昭和の時代に想像で描かれていたロボットそのもんです。
その両腕には2つの滑り台が。
ロボット型の滑り台になっているんですよ。
動物型は結構、懐かしき公園遊具世界ではありきたりですけど、
斬新なもんが残ってますよね。

しかし、このロボットの顔立ちがええよな~
ロボットがいてます!田井庄池公園(奈良天理駅前)懐かしき公園遊具の世界

まるで心のこもってない顔(^^;)
現代の実際にできたロボットは、ペッパーくんですから全然違う。

後ろ側が上る階段になってます。
ロボットがいてます!田井庄池公園(奈良天理駅前)懐かしき公園遊具の世界

で、ちょうど顔の口部分から、外が覗けるようになっています。

そして、このロボット型滑り台だけがこの公園の目玉ではありません。
ロボットがいてます!田井庄池公園(奈良天理駅前)懐かしき公園遊具の世界

D51蒸気機関車も置いているんですよ。
なかなか公園に、実際に走ってた汽車はないですよね。

その概要説明書き。
ロボットがいてます!田井庄池公園(奈良天理駅前)懐かしき公園遊具の世界

第二次大戦中に製造されたもので、
地球42周も走破しており現役が長かったみたいです。
昭和46年の引退ですから、私も生まれていたんやな。
しかし私は物心ついてから、観光列車ではなくて、
汽車が走ってるのを見た記憶はありません。

とまあ、こんな感じで2つの目玉があるんで、
昭和の懐かしさを感じたい方にはおすすめですよ。
(天理市自体は、天理教の町と言ってもええですから、
その教えに興味なければ、そんな見どころはないんですけどね)

行ってよかった?
★★★★★☆☆☆☆☆(10段階評価で星5つ)

住所:天理市田井庄町539

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。