でっかいジャングル風呂は西日本最大級の露天風呂に変わっていた「奥道後温泉 壱湯の守」(愛媛松山)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

四国を周遊していて、四国で唯一と言っていい泉質のええ地帯。
(あと個人的には祖谷渓周辺も好きやけどね)
それは、「道後温泉」です。
ここ松山から今治、西条にかけては、ええアルカリ泉質の湧く地帯です。
ですので、この地域では温泉博士などの無料入浴で妥協したくなかった。
というわけで、道後温泉付近でも、初めて奥道後温泉に向かいました。

でっかいジャングル風呂は西日本最大級の露天風呂に変わっていた「奥道後温泉 壱湯の守」(愛媛松山)

しかし、ホテル奥道後という名前を求めて、この地にやって来たんですが、どうも「奥道後 壱湯の守」って名前のホテルに変わってる?住所は一致しております。
そして、ジャングル風呂がこの奥道後の名物やったんですけど、それもないみたい。
どうやら後で調べてみると2014年の夏に、経営が変わってリニューアルしたらしい。

スポンサードリンク

日帰り入浴は別の受付になっておりました。
でっかいジャングル風呂は西日本最大級の露天風呂に変わっていた「奥道後温泉 壱湯の守」(愛媛松山)

そこへ移動する時に、ホテルのプールと全景を撮影。
どれだけ大規模なホテルなのかお分かりかと。

日帰り入浴はタオル持参で980円でした。
でっかいジャングル風呂は西日本最大級の露天風呂に変わっていた「奥道後温泉 壱湯の守」(愛媛松山)

こちらは内湯の様子。
温泉の泉質的には、見た目、無色透明で特徴はないです。
これはこの近辺のどの温泉でもそうです。

では、泉質表で分析してみましょう。
でっかいジャングル風呂は西日本最大級の露天風呂に変わっていた「奥道後温泉 壱湯の守」(愛媛松山)

源泉温度38.4度、PH値9.4のアルカリ性単純硫黄泉。
成分総計は328.1mg/kgと非常に少ないです。
炭酸水素イオンも61.3mgなので、アルカリのヌルヌル感もPH値ほどは感じない。
そして硫化水素イオンが2.3mg含まれているので、わずかながらに硫黄臭を感じる程度。
浴感としては、東北の非常に泉質の濃い~地域を1ヶ月前に巡って来た私には、乏しく感じてしまいます。
温泉に影響を与える項目は明示されてませんでしたが、加温は確実でしょう。

ただ、こちらの施設の特徴は露天風呂。
でっかいジャングル風呂は西日本最大級の露天風呂に変わっていた「奥道後温泉 壱湯の守」(愛媛松山)

西日本最大級の露天風呂と謳っております。

以前はここにジャングル風呂があったんでしょうか?
でっかいジャングル風呂は西日本最大級の露天風呂に変わっていた「奥道後温泉 壱湯の守」(愛媛松山)

非常に綺麗な露天風呂でゆったりとできますね。

浴槽も大小、色々とあります。
でっかいジャングル風呂は西日本最大級の露天風呂に変わっていた「奥道後温泉 壱湯の守」(愛媛松山)

ただ、そんな大きい浴槽ってのがないので、西日本最大級はどうでしょ?

980円という入浴料と施設・泉質面から判断すると、イマイチという評価になっちゃいますね。
泉質にこだわれば、この地域、もっと安い入浴料で楽しめる施設を、私は3つばかし、知ってるしな。

天然温泉 かみとくの湯(愛媛今治)スーパー銭湯 92点

東道後温泉 久米之癒[くめのゆ](愛媛松山) 92点

いよ西条 湯之谷温泉(愛媛西条) 82点

けど、まだまだ他にあるでしょうから、まだまだ次の四国旅で探してみたいと思います。

住所:愛媛県松山市末町267
電話:089-977-1111
日帰り営業時間:11:30~21:00(最終入場20:00まで)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人タオル持参で980円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。