温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

福島市、飯坂温泉の温泉博士掲載宿のはしご2軒目。
ブラブラとこの温泉街を歩いて巡ります。
到着~♪飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」です。

温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

飯坂温泉街はどこもそうですが、ここも例外ではなく建物が年季入っておりますね。本来、日帰り入浴500円が無料入浴です。

スポンサードリンク

フロントで温泉博士に判を押してもらい、浴場へ。
温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

また、なかなかユニークな浴槽になっております(^^)
福が住む旅館ですから、浴槽がおかめさんになっているんやね。

お湯は完全無色透明。
温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

なので、底のおかめさんの絵もはっきりと分かります。
浸かってみた感じでは、1軒目に行った宿とほぼ変わらない浴感。
熱めでさっぱりとした特徴のない泉質だ・・・

では、泉質表で細かく分析してみます。
温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

源泉温度60.2度、PH8.7のアルカリ性単純泉。
成分総計は789.4mg/kgって、全く、1軒目に行った葵館と一緒。
そっかー、完全に源泉は一緒のとこから引いてるんやね。
なので、以下の葵館の記事もご参考にしてくださいまし。

この日は奥州3大温泉地として、「鳴子温泉」「秋保温泉」と共に、古くから温泉地として愛されてきた「飯坂温泉」で宿泊です。そして、なんとこの温泉...

あと、温泉に影響を与える項目は詳しく記載されております。
温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

加水、加温も都度応じて、そして循環ろ過、塩素消毒ありですね。
浴感どおり、全くその泉質の特徴はなくなってます。

あと、こちらの宿は露天風呂がありました。
温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

3,4人入ればいっぱいのこじんまりとした浴槽ですけどね。

その露天の眺めはこんな感じ。
温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

川沿いに位置しており、また向かい側にはホテルがあるので、立たないと景色は拝めないです。

しかし、対岸のホテルも、どこも老巧化が結構きておりますね。
温泉博士でのはしご温泉2軒目 飯坂温泉「福すむ宿 福住旅館」(福島市)

飯坂温泉・・・ホンマ大丈夫か?

泉質的にどうも自身とは合わないし、そして浴槽も特徴はない・・・
ここ、飯坂温泉の廃れっぷりがなんとなく分かってきた2軒目のはしご温泉でした。

しかし、宿のチェックインまでまだ時間があります。
もう1軒行きましょう、次回へ続きます。

各25点満点
かけ流し度 :14点
施設充実度 :12点
お値打ち度 :13点
風情・快適度:14点
総合評価  :53点 評価Cランク
(総合評価のみ100点満点)

「福島県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:福島県福島市飯坂町若葉町27
電話:024-542-4211
日帰り営業時間:11:00~21:00
定休日:なし
日帰り入浴料:500円

★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。