The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

東京カプセルホテル巡り。
引き続きやって来たのは「銀座」。
東京でもこんな一等地にカプセルホテルがあるんか?って思われるでしょう。
けど、それがあるんよね~♪

「The Prime Pod 銀座」という施設で本日宿泊いたします。

The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

ホント銀座のど真ん中にあるビルです。
東銀座駅A4出口すぐ。
すぐ向かいには歌舞伎座もありますね。

アップにしてみます。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

このビルの最上階に、ここカプセルホテルの受付があります。

スポンサードリンク

フロント前のロビーラウンジ風景。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

宿泊者はここを自由に利用できます。
ざっと見てた感じでは、外国人バックパッカー観光客が半数くらいか。
ただロビーラウンジは、ゲストハウスっぽい雰囲気はなく落ち着いたものでした。

そのラウンジの窓際カウンターに座ってみます。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

ちょっとチェックイン時間まで少しあったんでね。
ええね~この銀座を見下ろす風景は最高だ。

コンセントもあるし、フリーWi-Fiももちろん。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

ここで夜、色々とパソコン作業やろう。

簡単なフード、そしてお酒も呑めます。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

ただ、持ち込んでの飲食も可でした。

チェックイン、自分のねぐらに向かいます。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

ウッド調のカプセルになっています、外国人バックパッカー向けで最近よく出来てるタイプはこんなのですね。
楽天トラベルで、その日1室のみ限定プランにて、税抜き2315円で予約をとってた宿です。
本来一番安いプランの日で3500円以上の宿泊料しますから、楽天トラベル様様(^^)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

通常の昔ながら日本式カプセルよりも大きめって印象。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

東京オリンピックに向けて、こういう宿は東京都内だいぶ増えていると思います。

私は上段でした。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

普通のカプセルよりも高さがあるんで、上り下りはちょっと大変です。

テレビはついてましたね。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

中は非常に綺麗です。
コンセントとあとUSBタイプの給電口もありましたよ。

ご覧のとおり、背が高い空間になってるんですよ。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

ここのカプセル内にも貴重品等入れる鍵付きのボックスがありますし、またカプセル入り口にはスーツケースを置けるスペースもあります。
寝具もええもん使っているんで、めっちゃ寝心地はよかったですね。

ただ、残念なのはシャワーのみ。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

私の大好きな大浴場はございませぬ。

外で晩飯食って帰って来ました。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

コンビニに立ち寄ってビール買って帰って来ましたよ。
ラウンジの窓際カウンター1つ空いてました(^^)

いいね~この雰囲気。
The プライムポッド[Prime Pod] 銀座(東京)銀座ど真ん中でその夜景を楽しめる新スタイルカプセルホテル

日本一土地代が高いこの地で、この安い宿泊料でこの景色をアテに呑めるのはなかなか最高です。
缶ビール代なんてささやかもんやのに、この気分は贅沢感がある。

今回の楽天1室限定プランで宿泊できたのはラッキーでしたね。
お値段以上の価値はあったと言い切れます。
ホテル側の対応も好感持てましたし、海外からの観光客もこの宿でしたら、満足いくものとなるでしょう。

住所:東京都中央区銀座5-13-19 デュープレックス銀座タワー13F
電話:03-5550-0147
チェックイン:16:00 (最終チェックイン:27:00)
チェックアウト:10:00
総部屋数:104室

巡るサービス なぜ地方の小さなビジネスホテルが高稼働繁盛ホテルに [ 近藤寛和 ]

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。