別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

九州北部のええ温泉をレンタカーで巡る3泊目。
阿蘇、そして長湯温泉、そしてさらに東へ向かった先が「別府」です。
過去の九州旅でも、この地は必ず立ち寄った温泉大国ですね。

その宿泊先として選んだのが、別府明礬温泉「岡本屋旅館」です。

別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

まず私は別府の市街地にある熱くてさっぱりした泉質はあまり好きではない。
例えば、鉄輪温泉なんてそうです。
しかしこの山手に登って来た、明礬(ミョウバン)温泉は硫黄の香りプンプンしてて好み。
さらに以前から日帰りで行こうと思ってたここの旅館が、既に日帰り入浴をやめたってことで、宿泊で絶対に行ってみようと思ってたんですね。
この地でも歴史があって、温泉好きなら誰もが一度は浸かってみたい温泉を有するのがここの宿です。

スポンサードリンク

ロビー入ってすぐ。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

この重厚な雰囲気・・・ええですね(^^;)
落ち着いた雰囲気を大事にする宿なので、小学生未満のお子さんはお断りされている宿です。
そう書くと高飛車っぽく聞こえますけど、従業員さんはしっかりとしたおもてなしが出来る方々ばかりで居心地よかったです。

裏から見ると、普通に民家か?って思うような外観なんですけどね(^^;)
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

しかし中に入ってみるとホント立派な旅館なんですよ。

ただ今回泊まった部屋は、平凡な和室だと思います。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

まあ一番安いプランにしましたからね。
貧乏人なもんで、この高級系旅館では贅沢に泊まれません。
楽天トラベル1泊朝食付きのプランで、1人税別8000円ちょっとでした。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

なぜ夕食をつけなかったのかは、1泊2食プランにすると1人1万3千円ほどになるんですよ。
夕食に5000円も貧乏人にはお金をかけることは出来ない。
なので地獄蒸しにした食材を持ち込んで、部屋で飲み食いすることにしたんです。

温泉大国「別府」に到着。 この湯煙溢れる街並みはいつ来ても、ワクワクしてきます(^^) そんな蒸気の力を利用した調理法が有名。 里...

窓からの風景は、別府の市街地を見下ろす位置。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

夜になると街の夜景が綺麗に見えましたよ。

卓上のお菓子。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

ゆずまんじゅうが置かれました。
あと地獄蒸し玉子がもらえる入場券と、近くの明礬地獄が無料見学できる券もいただけました。

そして、冷蔵庫には無料でいただけるお水も入れられてましたね。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

風呂上りにありがたくいただきました。

温泉があってこそ、ここの旅館を選んだんです、早速お風呂へ。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

大浴場は内湯に3つの浴槽がありますね。
硫黄泉らしく、この白濁りの湯が特徴ですね。

しかしこっちは薄濁りだな。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

小さい浴槽ほどフレッシュでこんな湯なんでしょう。
白く濁ってくるのは空気に触れることでそうなりますからね。

では、泉質表で分析してみます。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

もう1枚。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

源泉温度74.4度、PH値2.6の酸性単純硫黄泉となっております。
成分総計はもっとすごいかと思ったら、たった516㎎/kgしかないんですよね。
なので単純泉なんです。
硫化水素イオンが21.4㎎あるんで、かなり硫黄の香りは強いんやけどな。
加水・加温・循環ろ過・塩素消毒については明記がありませんでした。
飲用ができるってことで、循環ろ過、塩素消毒は絶対にしてはないでしょう。
加温もこの温度ですからしてないでしょうね。
あとは加水なく、いかにこの熱い源泉温度を冷ましてるのかです。

で、ここの旅館が温泉好きなら誰でも知ってるわけはこれ。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

大きな露天風呂があるんですけど、この色!見てくださいな!
白に青が混じったミルキーブルーの色合いをしているんですよ。
宿では「青磁色」と表現しておりますね。

お湯は、内湯に比べるとヌルメで、だらだらと浸かっていられます。
別府明礬温泉 岡本屋旅館(大分)青磁色の神秘の露天風呂はまさに最高峰!この硫黄泉には癒されるわ[施設編]

小さい湯の花が大量に舞っておりますが、硫黄の香り以外はさっぱりしたもんかな。
しかしこれだけ素晴らしい露天風呂も他にはないでしょう。
私自身、確実に行ってよかった露天風呂のトップ10にランクインするのではないかな。

前日、酔っ払って夜遅めの時間にお風呂へ行けなかったので、朝6時の早朝風呂でじっくり1時間くらい、まだ空も薄暗い中から、ミルキーブルーの露天でゆったり過ごしてました。
朝もやの中、どんどんと日が明けていくこの時間が最高に至福を感じられましたね(^^)

うん、想像してたとおり、最高の宿です(^^)
夕食はつけませんでしたが、無料でいただけるものがあります。
日付変わって明日0時に続けますね。

住所:大分県別府市明礬4組
電話:0977-66-3228
チェックイン:15:00 (最終チェックイン:18:30)
チェックアウト:10:00
総部屋数:15室
駐車場:16台(無料・要予約)
日帰り入浴:やっておりません

↓お勧めリンク↓

源泉かけ流しの宿 (メディアパルムック)

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。