わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

ママチャリ旅も大分市へ。
別府市ばかりが泉質の良さが目立ちますけど、お隣の市、大分市もなかなかなんですよ。
それにスーパー銭湯並みの設備充実で入浴料が安い!
過去、以下の施設なんてびっくりしました。

「三川の湯」
http://onsen.holy.jp/mikawanoyu.html

「スパリゾート samasama」
http://onsen.holy.jp/samasama.html

そんな施設を求めて、今回はこちらの温泉へ。
「大分森温泉まねきの湯」にやって来ました。

わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

なぜ、ここの施設を選んだのかは、夜中営業しているから。
平日なら翌朝9時まで。
日曜祝日は24時間営業しております。
私、夜中のあまり人のいない中で、露天の大浴場でゆっくり浸かるのが大好き。
昼間は12時間パックでネットカフェに在住し、こちらの施設を目指しました。

スポンサードリンク

そして、この入浴料なんよな~
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

大人は380円と他の都道府県の公衆浴場銭湯価格よりも安い。
そして小学生は無料という太っ腹!
小学生のみの利用はできませんが、大人1人につき2名まで小学生は無料です。
この価格で、ボディーソープ、シャンプーもちゃんと附帯されています。

内湯はご覧のとおり。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

銭湯タイプでなく、なかなか風情ありますでしょ?

そして、これやもんね。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

大分らしく、この内湯と露天風呂はかけ流しになっております。

では、泉質表で分析してみましょうか。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

すいません、ボケてました。
源泉温度41.2度、PH値は不明の、ナトリウム・塩化物・炭酸水素温泉。
成分総計は、1391㎎/kgと比較的おとなしめ。
加水はなし、加温は季節によってされており、内湯と露天以外は循環ろ過です。
塩素はこういう市街地銭湯ですから、されていますね。

そして露天。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

ここの泉質もかけ流しやから心地ええ。
ヌルスベのフレッシュなお湯なんがよく分かります。

露天にある洞窟風呂。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

浴槽の種類も普通にスーパー銭湯並みに揃ってますよ。

また露天は滝が流れるようになっており、風情がここもええですね。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

市街地なんで景色は拝めませんが、これはこれでなかなかです。

さらに、サウナも入浴料に含まれてます。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

これだけ揃っていると、長時間滞在するにもええですね。
私は夜中、3時間くらいここにいたくらいです。

上がっての休憩処には漫画もあるし、寝転べる。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

至れり尽くせりですね(^^)

また家族風呂もこんなに種類あります。
わずか380円の入浴料でこれだけ楽しめるとはさすが大分源泉かけ流し!「大分森温泉まねきの湯」(大分市)

こっちも毎回入れ替えされ、源泉かけ流しやから、結構な湯量があるんでしょう。

さすがです、何も言うことはない。
泉質の乏しさは否めないけど、他地域の都市部のスーパー銭湯に比べたら、極上の泉質です。
それでいて、これだけの施設設備で、380円でしょ?
大分市の入浴施設のレベル高さを、また再発見した1日でした。

住所:大分県大分市大字森字六反田595-2
電話:097-503-5656
営業時間:平日昼12:00~翌朝9:00 日曜24時間営業
定休日:無休
入浴料:大人380円、小学生以下は無料(小学生のみの利用は不可)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。