養老牛温泉 からまつの湯(北海道)無料の混浴露天風呂は野趣あふれる感が満載!

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

道東の旅。
以前の旅で、ここの温泉地は非常によかったなって感じた場所があります。

その名は「養老牛温泉」

泉質的にはさほど特徴はないんですけど、ごっちゃ感がなくって、静かな観光地のその雰囲気が好きなんですよね。

過去、以下の宿に宿泊したことがあります。

養老牛温泉 ホテル養老牛(北海道)
http://onsen.holy.jp/yourouushi.html

そして、こちらで日帰り入浴もしたことがありますね。

湯宿 だいいち(北海道養老牛温泉)
http://onsen.holy.jp/daiichi.html

そして、前回来た時に見つけられなかった、無料の混浴露天風呂が近くにあるんですよね。
今回の目的地はその露天風呂でした、「からまつの湯」って名前です。

養老牛温泉 からまつの湯(北海道)無料の混浴露天風呂は野趣あふれる感が満載!

養老牛温泉は約300年も昔からアイヌの人たちが利用していたとされる場所です。
パウシベツ川沿い国有林内に設けられたこの露天風呂は、脱衣所などがカラマツの木材で手作りされていることがこの名前の由来となっているんですね。

スポンサードリンク

その川に架かる橋からの眺め。
養老牛温泉 からまつの湯(北海道)無料の混浴露天風呂は野趣あふれる感が満載!

ちょっとわかりにくいですけど、先に小屋のようなのと、浴槽がお分かりかと。
露天風呂内は、先客さんがおられましたので、撮影はしておりません。

ではその露天風呂方面をアップしたものも掲載しておきます。
養老牛温泉 からまつの湯(北海道)無料の混浴露天風呂は野趣あふれる感が満載!

脱衣場は狭いですけど、男性用と女性用に分かれております。
あと、水着はダメですけど、バスタオル巻きでの入浴はOKの混浴露天風呂ですから、女性には多少は敷居が低いと言ってええでしょう。

露天風呂は、その脱衣場から少し川の方へ下っていったところにありますね。
5人くらいが入ることができるスペースになっております。
お湯は完全無色透明なんで、その点では混浴は抵抗はあるってとこでしょうか。

源泉が湧きだしている場所。
養老牛温泉 からまつの湯(北海道)無料の混浴露天風呂は野趣あふれる感が満載!

源泉温度は80度あるらしいんで、さすがにそのままでは入浴できません。
なので川の水で加水して調節しているみたいですね。
泉質的には、上にリンクした2つの温泉宿と一緒ですから、その記事内をご参照ください。

マイナスイオン、プンプンだ(^^)
養老牛温泉 からまつの湯(北海道)無料の混浴露天風呂は野趣あふれる感が満載!

いかにも北海道らしい野天湯なんで、そういうファンなら絶対に訪問してほしい地ですね。
周りのロケーションは非常にええ場所だと思います。
ただ、泉質的には熱くてさっぱり系が養老牛温泉の特徴なので、その点、自身の好みで考慮はしておきましょう。

住所:北海道標津郡中標津町 養老牛国有林内
電話:0153-73-3111 (中標津町役場)
営業時間:24時間
定休日:雪深い冬期は辿り着けないでしょう
駐車場:あり(無料)

↓お勧めリンク↓

スポンサードリンク

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。