サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

東京カプセルホテル巡り。
どうしてもここの繁華街宿泊が多くなりますね。
安いカプセルホテルが密集しているもんな、この旅3度目の上野宿泊です。
サウナ&カプセル「北欧」にやって来ました。

サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

JR上野駅の一番北側にあたる、入谷口の改札からは地上出て徒歩3,4分ってとこ。
なかなかええ立地です。

スポンサードリンク

入り口前。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

こんなシステム値段です。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

結構豪勢なカプセルホテルなんだとお分かりかと。
本来の値段は、平日4200円、日曜3500円もしますからね。
しかし、日曜宿泊の限定プランが楽天トラベルであって、早割でなんと!税抜き2686円!!


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

この値段でこのクラスのカプセル泊まれるなら飛びつくでしょ。

まずカプセルがめちゃめちゃ開放感あります。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

これだけ通路を広くとってるカプセルホテルも他にはありません。

そしてカプセル内も結構広いんですよね。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

高さが結構あるんですよ。
なので横幅がさほどないように見えますけど、めっちゃゆったりしてる。

テレビも液晶の大きめのがついてますし、また、もちろんコンセントもあります。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

前日が暗くてジメジメしたカプセルやったんで、ここはゆったり眠れましたね(^^)

リクライニングルーム。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

各席液晶テレビ付きです。
この規模のサウナにしてはこっちはスペース狭いですね。
ほとんどの人間がカプセル宿泊なのか。
日曜休日の夕方はだいぶ混雑してたと思います。

漫画本もそんな多くない。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

ここの階に無料のもんがありました。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

お茶、水はフリードリンクなんで、特に持ち込まなくて大丈夫です。

そして、醍醐味は大浴場に秘密があるんです。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

内湯も非常に広々としてて、素晴らしいんですが・・・

なんと言っても、この都会のど真ん中に露天風呂があるんですよ。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

この写真の左奥ですね。
東京のカプセルホテルの中でも、ここまで素晴らしい露天を持つとこはなかなかありません。

さらに・・・
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

トゴールという温浴効果のある石で浴槽は作られております。
まあ浴感的には白湯と変わりはしませんが・・・

サウナ、水風呂。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

サウナ内も広々としておりましたよ。
大浴場の評価としては、今回15泊以上したカプセルめぐりでもナンバー1評価ですね。

レストランメニュー。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

ドリンクメニュー。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

朝食セット。
サウナ&カプセル 北欧(東京)カプセルホテルの多い上野でも高級部類に入る露天風呂付きホテル

カプセル宿泊は外出自由やし、呑むとこも安いんが上野です。
特にここで飲み食いせずともですね。

平日料金は高過ぎて、いくらここのカプセルの豪勢な設備考えてもコストパフォーマンスは悪すぎる。なので、日曜宿泊狙いでしょう。楽天トラベルで税込み3000円切る値段でプランがあれば、東京宿泊では1度は泊まって欲しいカプセルホテルですね。

住所:東京都台東区上野7-2-16
電話:03-3845-8000
チェックイン:15:00(最終チェックイン:24:00)
チェックアウト:10:00
総部屋数:198室

巡るサービス なぜ地方の小さなビジネスホテルが高稼働繁盛ホテルに [ 近藤寛和 ]

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。