吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

こち亀の聖地、亀有を色々と散策中です。
亀有はこの時住んでた場所からは結構遠かったので、この1回だけの訪問になります。
なので、テイクアウトで買えそうな興味あるグルメも晩酌用に購入。
「吉田パン」へ立ち寄りました。

吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

女性に受けそうな、お洒落系のパン屋さん。
意外でしたね~
コッペパンを使ってるパン屋さんやから、
古くからこの地にある外観のお店やと思ってました。

スポンサードリンク

店頭にはこんな表記が。
吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

1948年に盛岡で創業された「福田パン」の流れを汲むお店なんです。
(って、その福田パンってお店は全然知りませんけど・・・^^;)

メニュー。
吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

続き。
吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

菓子パン系、総菜パン系、大きく2種類に分かれます。
私は甘い物嫌いなんで、上段は眼中にありません。
しかし、こんだけあると、めちゃめちゃ迷いますね。

店内。
吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

テイクアウト専門店です。
前の人が注文している間に、さらにメニューを吟味。

選んだのはこちら。
吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

きのこカレーパン(300円)です。
カレーパン好きで、どこのパン屋行っても、
カレーパンあれば必ず購入する私ですからね。

しかし、コッペパン1個の大きさはかなりでかいです。
吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

ただお値段300円もしてますから、妥当といえば妥当。

ぱかっと開けるとこんな感じ。
吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

きのこカレーが塗られておりますね。
では、いただいてみます。
・・・・・・・うーん・・・・・・平凡。
コッペパンの味も予想でける範疇やし、カレーも普通の味。
私は、普通に揚げたパン生地のカレーパンの方が好きやな。

そして、もひとつ。
吉田パン(東京亀有)盛岡のソウルフード「福田パン」のコッペパンを継承

こちらは、コンビーフを挟んだパン(300円)。
あ、さっきのきのこカレーパンは朝ご飯として、近くの公園で食いました。
こっちのコンビーフは、晩酌用です。
ポテトサラダにコンビーフを加えたものが具材です。
酒のアテにはこういうんがええでしょ。
うん、きのこカレーパンよりも、こっちが好み。

私にはイマイチかな~
だってこういうパン、近所のスーパーでコッペパン買ってきて、
中に詰める食材を色々用意すれば、
自分でも似たようなのを作ろうと思えば作れますやん。
自身には、自作パンを遙かに凌駕する何かがなかったかな・・・
パン屋は普段あんまり巡らないから、
自身の好みに合う店を探す嗅覚がまだまだ未熟だな・・・

住所:東京都葛飾区亀有5-40-1
電話:03-5613-1180
営業時間:月曜7:30~13:00(売切次第終了) 火~日曜7:30~17:30(売切次第終了)
定休日:無休

↓お勧めリンク↓

フランスの地方で巡り逢ったパンとお菓子の本格派レシピ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。