鯛よし百番(大阪西成区山王)大正建築美術が現存

私が今後、記事にしていこうかなってお話・・・
あちこち飲み食いしたり、旅に出て、その温泉を記事にしたりしているが、
その道中、結構、気になる風景に出会うことって多いですよね。
そんなB級スポット、珍百景をデジカメに収めて、記事にしていこうかなと。
ただ、なかなかそれを書く時間ないので、不定期にたまににしときます。

その第一弾はこちらです。
鯛よし百番(大阪西成区山王)大正建築美術が現存

「鯛よし百番」。
もとは遊郭であったこの建物は、
現在、料亭居酒屋として経営されています。
この近辺は飛田新地であり、
今でも男性が夜な夜な通う街なんですけどね。

スポンサードリンク

建築は1918年の大正時代。
戦後、内部は改装されておりますが、
その伝統的な大正ロマン雰囲気は残ったままです。
今は完全予約制の全個室料亭になっているのですが、
その雰囲気ほどのお値段はしません。

この近辺には安い立ち呑みも多い為、近くを通りがかることもあるのですが、
実際にこの中には入ったことありません。
まあ、しかし、一度は死ぬまでに宴会やってみたいものです。
こんな感じで、さまざまな風景を不定期に取り上げていきたいと思います。

鯛よし百番 料亭(元妓楼)
住所:大阪市西成区山王3-5-25
電話:06-6632-0050
営業時間:17:00~23:00
定休日:月曜日 (12月は営業)

↓お勧めリンク↓

終着駅へ行ってきます

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。