らーめん青竜(北海道札幌駅)札幌ではオーソドックスなタイプの味噌ラーメンです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

この日は別の場所で呑んでおりました。

札幌駅周辺まで戻って来て、〆のラーメンが食いたい。
ちょうどランパスに、終日利用可のラーメン屋さんが掲載されたんですよね。

今日はここでいただきましょう。
「らーめん青竜」に立ち寄りました。

らーめん青竜(北海道札幌駅)札幌ではオーソドックスなタイプの味噌ラーメンです

アピア地下飲食街の一角にあります。
1人でもフラッと入りやすいタイプのらーめん屋。

スポンサードリンク

店頭サンプル。
らーめん青竜(北海道札幌駅)札幌ではオーソドックスなタイプの味噌ラーメンです

見てみると、ちょっと変わり種のラーメンもありますけど、基本、醤油・塩・味噌の3つがベース。札幌にある老舗店ではほぼこんなタイプのお店が多いです。ただ、こちらのお店はラーメン専門店でなく、大衆中華屋っぽいですね。

店内入っての、おすすめメニュー。
らーめん青竜(北海道札幌駅)札幌ではオーソドックスなタイプの味噌ラーメンです

色々と、北海道らしい食材がのった、札幌ラーメンは980円。
あと店内皆さんよく頼んでいたのは広東麺(800円)。
私もランパスの縛りがなければ、この広東麺を食べてみたかった。
今回ランパスでいただけるのは、野菜らーめん(780円)です。
醤油、塩、味噌の中から味は選べましたので、ここは札幌、味噌でいただきます。

では、店内カウンターに座ります。
らーめん青竜(北海道札幌駅)札幌ではオーソドックスなタイプの味噌ラーメンです

カウンターは10席程度、あと4人、2人テーブルが1卓ずつありますね。
女性1人でも入りやすい雰囲気のラーメン店です。

野菜らーめんの味噌(780円→500円)。
らーめん青竜(北海道札幌駅)札幌ではオーソドックスなタイプの味噌ラーメンです

味噌スープの見た目は非常にオーソドックスな札幌味噌。
ちょっと白っぽい味噌スープは、以前にも味わった味噌ラーメンの元祖店にも通じるお味。
脂も結構表面を覆っているのがお分かりかと。

野菜炒めがこんもりと盛られております。
らーめん青竜(北海道札幌駅)札幌ではオーソドックスなタイプの味噌ラーメンです

豚バラ、キャベツ、もやし、ほうれん草、ニンジン、きくらげ、玉ねぎですね。
普段1人の晩飯ではあまり野菜採ってないから、こういうのはありがたい。

麺は札幌らしい、中くらいの太さの縮れ麺。
らーめん青竜(北海道札幌駅)札幌ではオーソドックスなタイプの味噌ラーメンです

多分、自家製麺ではないですね、どっか札幌の製麺業者さんでしょう。
しかし、縮れ麺にしては、あまりスープを絡んでこないなってのが正直なところ。
麺のコシはちゃんとあったんですけどね。

無難に出来ている札幌味噌ラーメンだなって印象。
今回、ランパスでワンコイン500円でいただけてお得感はありましたけど、これが780円って思うともうひと頑張りを主張したいかなと。
このタイプの札幌味噌ラーメンを提供するお店は非常に多いだけに、何か1つ個性がってところです。

旨さ…………12点
安さ…………13点
店の雰囲気…12点
B級度………14点
印象度………11点
総合評価……62点 評価Cランク

グルメのジャンル別・地域別の自己評価ランキング

住所:北海道札幌市中央区北5条西2丁目 アピア フードウォークB1F
電話:011-209-3483
営業時間:10:30~22:00
定休日:無休

↓お勧めリンク↓

「ご当地ラーメン」の地域ブランド戦略

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。