日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

日本最東端の都市、根室に辿り着きました。
この日の車中泊は、この最東端の地、納沙布岬(のさっぷみさき)です。

日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

8月の月平均気温が16.5度という日本一気温の低い都市なんで、
お盆の暑い最中に、車中泊で過ごすのに最適です、
24時間使えるトイレもあるしね。

スポンサードリンク

しかし、天気は悪かった。
日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

「望郷の塔」という名のタワーが建ってるんですけど、霧もすごい。
北方領土どころか、海も全く見えませんでした。

ここに、「北方館・望郷の家」という無料見学施設があります。
日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

この地にやって来たのは、ここの施設訪問がメイン目的でした。

道東の東岸にやって来ると、改めて考え直す問題があります。
日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

「北方領土問題」。
この北海道東岸では、四島返還の早期実現を願う気持ちがひしひしと感じられる。
絶対、忘れてはならない、日本国が抱える国際問題がここにあるんですよね。
署名人数が物語っておりますとおり、日本人ならばこの地に来れば、
必ずこの問題を解決しようって想いになるはず。
私1人の署名とこうしてブログに書くことは、どんだけの力にもなんないやろけど、
私自身の心に刻まれております。

北方領土のイラスト図が地面に描かれております。
日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

この場所に建つと、こういう位置関係になってるんですね。

その面積は、千葉、愛知、福岡とほぼ同じ。
日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

この日本一周でどの県も行きましたけど、相当な広さですよ。
四国の4分の1もあります。

これ見てください。
日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

納沙布岬から3.7km、肉眼で小さいながらに見える貝殻島の灯台。
ご覧のとおり、ロシアがちゃんと管理できてないため、
傾き、荒れ果てております。

あと、この資料館の中にはこんな展示も・・・
日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

日本最東端の地で北方領土問題について考えてみる「納沙布岬・北方館・望郷の家」(北海道納沙布)

この地域に生息する、動物と魚介類の剥製が展示されています。

北海道旅行で道東に来たからには、この地は訪問して欲しい。
北方領土問題について、身近に感じることができたええ1日でした。

住所:北海道根室市納沙布納沙布岬

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。