最古の形式砦造り「貴船城」(大分別府)ニセ城シリーズ

元旦、この日は別府にて宿泊です。
「この旅初めての宿泊!元旦くらいはゴロゴロと」5日目後編記事はこちら!
宿のチェックインまで、まだ少し時間があったので、
前日から気になってたことを実行することにします。

貴船城(大分別府)怪しいニセ城シリーズ

鉄輪のいで湯坂を歩いていると、あれって城やんな?
ってのが見えるんですね。
ただ、別府に昔ながらにある城があるとは聞いたことがない。
ってなると、今回の旅テーマにもなっているニセ城?(^^)
なので、その正体を探ってみることにしました。

スポンサードリンク

いでゆ坂より、さらにアップで撮ってみます。
貴船城(大分別府)怪しいニセ城シリーズ

小山の上に建っているので、目立ちはするけど、
さほど大きくはなさそう。
この時は、城好きな方が、個人で建立されたもんかな?
って思っておりました。

いざ!だいたいの方角で見当をつけて車で向かうとこちら。
貴船城(大分別府)怪しいニセ城シリーズ

「貴船城」って名前の城なんですね。
どうやら観光施設みたいです、入城料も300円らしい。
ま、とりあえず、入城するしないに関わらず、坂を登って、
駐車場まで行きましょうか。

はい、こちらが「貴船城」の全景。
貴船城(大分別府)怪しいニセ城シリーズ

帰ってから調べてみると、昭和32年に建てられた、別府有数の絶景スポット。
別府湾や鶴見岳、鉄輪の湯煙をはじめ別府の景色を、
パノラマで楽しめる施設との紹介がありました。

横にまでやって来た。
貴船城(大分別府)怪しいニセ城シリーズ

2層3階建てになるのかな。
で、これも後から調べたネット情報ですが、
中に巨大な白ヘビがいてるようですね(但し写真撮影禁止)。

結局、中には入らずに、駐車場をUターン。
貴船城(大分別府)怪しいニセ城シリーズ

別府はすぐに山がありますから、別にここに登らずとも、
どこでも別府の町並みは眺めることできますもんね。

ただ、この現代の城としては珍しく、鉄筋コンクリートではないんですよ。
~城造りでは最古の形式砦造りで昭和32年に復元したものです。
すべて松丸太で組立てられ別名松の木城と呼び、この様な築城形式の城は、
他では見られないものと存じます~
とお城の紹介がありました。

ま、訪問された方の記事をネットで色々読みましたが、
これは入城せずにスルーして正解やったかなと。
ここで300円払うなら、明礬温泉あたりにある日帰り入浴で、
景色のええ露天風呂に入る方が、価値あると思いますね。

行ってよかった?
★★★☆☆☆☆☆☆☆(10段階評価で星3つ)

住所:別府市鉄輪926
電話:0977-66-1181
営業時間:8:00~16:30
定休日:なし
駐車場:あり(無料)
入場料:大人300円 小人150円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。