観光スポットにもなっている日本一のキャンパスの広さを持つ大学「北海道大学札幌キャンパス」(北海道札幌)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

札幌ぶらりと地下鉄めぐり。
都心部は車での移動は渋滞と停める場所に困るので、
ススキノの24時間最大料金のあるコインパーキングに停めて、地下鉄移動にします。
私恒例の、都心部はぶらり町歩き旅♪
登山とかに興味はないんですが、町歩きは大好きです(^^)
10kmくらいすぐに歩いちゃいますね。
そんな札幌町歩きの第一段にこちらへやって来ました。
「北海道大学札幌キャンパス」です。

観光スポットにもなっている日本一のキャンパスの広さを持つ大学「北海道大学札幌キャンパス」(北海道札幌)

札幌駅からもほど近い、都会にある大学やのにその規模はとてつもないですね。
私の行ってた大学なんて、そんな都心でもなく駅からも結構離れた場所にあるのに、
こんなに広いことはなかった。

スポンサードリンク

なので学生さんも、自転車で移動が普通みたい。
観光スポットにもなっている日本一のキャンパスの広さを持つ大学「北海道大学札幌キャンパス」(北海道札幌)

どの建物にも、こういう駐輪場が設けられていました。
あ、この日は日曜やったんで、ほとんどここの大学生はおられませんでしたけどね。

そして、ここの大学がすごいのは観光スポットにもなっているとこ。
観光スポットにもなっている日本一のキャンパスの広さを持つ大学「北海道大学札幌キャンパス」(北海道札幌)

こちらは古河講堂。
1909年(明治42年)に建てられた講堂です。
日曜で学生はいないにも関わらず、観光客はめちゃめちゃいてました。
特に外国人観光客の姿が多かったですね。
日本でこうして大学が観光スポットになっているのは、
東大と、ここ北大ぐらいではなかろうか。

有名な、クラーク博士の胸像もあります。
観光スポットにもなっている日本一のキャンパスの広さを持つ大学「北海道大学札幌キャンパス」(北海道札幌)

あと、ここの学食も利用したんですけど、そこまで歩くのにも時間かかったし、
暑い夏の最中の晴れた日やったんで、汗だくになりましたよ。

その学食ではカレーをいただきました。
北海道大学生協の食堂「中央食堂」(札幌)カツカレーライスの記事はこちら!

この建物も重要文化財になっております。
観光スポットにもなっている日本一のキャンパスの広さを持つ大学「北海道大学札幌キャンパス」(北海道札幌)

明治時代に造られた農場施設の建物を移築したものらしい。
当時の酪農経営の様子を伺える建築として、重要文化財指定になっています。

想像以上に広かったです。
札幌は都会やのに、その中でよくこんだけの敷地を確保できてるもんやわって思った。
それ故、札幌市民が公園がわりに利用してるんやろな、
ジョギングしている方も多くおられましたね。
秋にはイチョウ並木も綺麗なんだそうで、
札幌観光で、ほんの一息つくにはええとこやと思いますよ。

住所:北海道札幌市北区北8条西5丁目
電話:011-716-2111
※観光で構内は自由に出入りできます。

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。