中国地方では唯一の人口100万大都市♪広島での貧乏セミリタイア移住について考えてみる

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

貧乏セミリタイア国内移住を考えてみるこのシリーズ。

雪の降らない地域はやっぱその地方、一都市でも考慮してみんとね。

中国地方では唯一の候補地ですね♪広島での貧乏セミリタイア移住について考えてみる

今回は中国地方!お初ですね。
広島市にスポットを当ててみます。

日本海側は夏は暑く、冬は雪が降るんで、私の候補地には該当しません。
この方面で一番の大都市は松江市やけど、私は住まないな。
しかし瀬戸内側は温暖な気候やし、中国地方ではなんと言っても一番の大都会なんで、
広島は住んでみる候補地にどうでしょうか?

スポンサードリンク

私自身、観光では何度も訪問している地です。
繁華街の雰囲気は好きですね。
ただ市内の交通事情に地下鉄がないので、ちょっと不便かなと思います。
(市電やバスはどうも移動手段としては遅すぎる)

あと面白そうなのは、「しまなみ海道」って自転車で渡れますでしょ?

中国地方では唯一の候補地ですね♪広島での貧乏セミリタイア移住について考えてみる

ママチャリでぶらっと遠出することを苦にしない私は、
このルートで四国に渡って観光するのも面白いなって思います。
私、讃岐うどん大好き人間なので、高松まで行って、
そして復路はフェリーで岡山へ渡り、国道2号線に沿って、
東から西へ帰宅ってルートですね。
(住んでもいないのに、旅のルートを考えてしまう旅好きです^^;)

そんな広島市の賃貸物件事情。

SUUMOの検索結果)
中国地方では唯一の候補地ですね♪広島での貧乏セミリタイア移住について考えてみる

人口100万都市にしては、安い賃貸物件が豊富とは言えないです。
家賃2万円台で探すとなると、風呂なしで築50年程度の物件になりますね。
3万円台で、トイレ・バス一緒の古い築年数のワンルームちらほらと。
貧乏暮らしでは家賃をいかに抑えるかがキーポイントですから、
この点、魅力はありません。

以上の点、踏まえまして考えますと、名古屋と同じ結論になるんです。
気候的には太平洋ベルト地帯ですから、大阪、福岡とほぼ変わらない。
で、家賃は、圧倒的に大阪や福岡の方が安い物件多いですからね。
いずれかを選んでしまいます。

中国地方では唯一の候補地ですね♪広島での貧乏セミリタイア移住について考えてみる

あと都市の規模、便利さも、大阪・福岡に劣ります。
故に貧乏移住生活候補地からは外れるって結論です。

しかし、過去に何度も観光で訪問してるし、つい先日もね(^^)
ママチャリで横断してきました。
名古屋同様にぶらぶらするのは、非常に好きな街なんですよ。

中国地方では唯一の候補地ですね♪広島での貧乏セミリタイア移住について考えてみる

また広島観光めぐり・・・じっくりさせていただきます。

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。