池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

私が、東京にやって来ると、必ずこれだけは食べておくグルメが3種類あります。

そば、天ぷら、そして鰻です。

中でも、鰻は東京では串焼きにした鰻串の文化がありますからね。
これ、なかなか他の地域で食べようと思っても、店がないからな~
なので、今回の東京滞在、1度は食べておこうと思ってました。

池袋で1軒狙ってたお店へ、「池袋 うな鐵」です。

池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

東京では何店舗かあるチェーンの鰻屋さん。
以前、浅草と新宿のお店で食べたことあります。
私が普段食べるようなB級系のお店ではないんですけど、味が確かなのが分かってますからね。

スポンサードリンク

あと、私のようなぼっち客にこれはありがたい。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

カウンター席もあるお店なんですよね。
テーブル席だと、混んでいると1人で独占するのが憚られる。

メニュー一例。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

季節のおすすめ。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

私の狙いはうなぎ串オンリーです。
他のどこでも食えそうなもんは眼中にない。
この店では、レバー、きも、短尺、串巻、ヒレ、バラ、カブトの7種類が食えます。

他の鰻料理の値段はこんな感じ。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

串はホント安い値段設定で鰻を食えるからありがたい。

ドリンクメニュー。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

このうなぎ串に合うアルコールは絶対に日本酒です。
「あさ開き」って酒が2合で630円。
これが一番お得そうなんで、こちらをいただく。

この日本酒は冷でいただきました。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

お通しは豚肉と玉ねぎのマリネっぽいのでした。

これでいくらとられているんやろ?
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

300円くらいなんかな?
ホントこういうのいらないんよな~
ここの店、断ることできるんやろか?

あ、店員のおねえちゃんに、「とりあえず鰻串をひととおりもらえます?」って聞くと、「レバー、ヒレ、バラは本日売り切れました」とのこと。じゃそれ以外でってことで4種類頼みました。

まず先に出てきたのはカブト(180円)。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

鰻のアタマの部分ですね。
5尾の鰻の頭が串刺しにされております。
骨もきっちり柔らかく煮込まれた状態にしてから焼いてるので、「うな鐵」のカブトは大好き。
すっごく香ばしくて美味しいです。

目の前のケースには大量のきもが。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

きもと今回売り切れていたレバーの違いを知っていますでしょうか。
きもは鰻の内臓を集めたもの、レバーは純粋に肝臓のみです。

こっちは短尺ですね。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

短尺は蒲焼を小さくカットしたもんだと思ったらええです。

こっちは串巻。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

串巻は背中の部分で、脂がのった部位になります。

出来ました。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

右から、きも(270円)、短尺(270円)、串巻(270円)ですね。

別角度より。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

レバー、ヒレ、バラも全部一通り食いたかった。
食べるとなると、やっぱ昼酒に来なきゃだな。

こちら、短尺。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

味は鰻の蒲焼きそのまんまやと思ってもらったらええです。
私はさらに弾力のあるあばら骨回りのバラ身が大好きやから、この日の売り切れがホント残念。

きもはこの苦味がたまんないね。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

しかし、ホント炭火の風味がめっちゃこの店ええんよな。

串巻。
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

お腹の一番脂がのってる部分です。
この日食べた中ではこれが一番旨かった。

日本酒を冷でいただきながらの鰻串・・・
池袋 うな鐵 ~ この鰻串だけは東京でないと食えないから必ずどこかで食べたいグルメ

このカウンター1人呑みの雰囲気もすっごくええ店やね。

このうな鐵のチェーンはハズレがないことを確信。
今度来るときは売り切れないように、昼酒で呑みに来たいです。

住所:東京都豊島区西池袋1-35-7 落合ビル
電話:03-3986-0078
営業時間:11:00~23:30(LO23:00)
定休日:無休(年末年始を除く)

↓お勧めリンク↓

東京五つ星の鰻と天麩羅

スポンサードリンク

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。