黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

全国大仏めぐり・・・私的3大仏を決める旅はまだまだ続行中♪
兵庫県の但馬地方に、全国的にはマイナーですけど、
世にも珍しい大仏様がおられるのだとか?
なんでも、3体並んでいるとのことなんです。
それも外ではなく大仏殿があり、その中に3体鎮座されているのだとか?
なので、おそらく大きさも全高5mくらいなんちゃうん?
とその話を疑いつつも訪問してみました。
「川会山 長楽寺 但馬大佛」です。

黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

まず、車で近づくと、確かにでかい大仏殿らしき建物と五重塔が見えます。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

車からの距離から換算しても、相当大きいのはわかりますね。
噂は本当やったか。

スポンサードリンク

寺院内案内図。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

しかし、平日の朝やったのもあるのか、参拝客が1人もいない・・・
これだけ大きな寺やのに、なぜにこんなにも人気ないのか?
不思議なお寺だ。

その訳は、まず参拝料が高いか。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

大人800円なんですよね。
まず、地元の方は何度もお参りには来られないでしょう。

では、中に入る前に、大門の仁王像様を。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

もう1枚。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

これを見て、どなたでも分かると思いますが、昔ながらの寺院ではありません。
現代の技術を使って作られたお寺なんですよね。
完成したのは平成6年頃らしいです。
なので、私もずっと兵庫県民やったのに、
こんなとこに大仏様がいてるなんて気づかなかったわけだ。

しかし、大仏殿、でかい!
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

その傍の五重塔も高い!
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

さすが現代の建築技術なら、この規模でもなんなく建てられるんでしょうね。

両方を一枚に収めようにも、収まり切りません。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

では、その3体並んでいる大仏様を拝みに行きましょう。

まず、この真っ正面からでは、その大きさ分かりにくいですね。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

他に参拝客でもいれば、その人の大きさと比較して写真を撮るんですけど、
私以外に誰もいない・・・

なので、自身の体を大仏様に近づけて、見上げるように撮ってみた。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

大きさは、奈良の大仏様級の全高があるんですよ。
3体の大仏様ともに、15mちょっとの高さがあり、台座も含めると25mにもなります。

また別角度にしてみた。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

3体の大仏様は中央が釈迦如来像、手前向かって右が薬師如来像、
向かって左が阿弥陀如来像という配置になっております。

こちらがお経をあげるとこ?(無宗教なもんでよく分からない)
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

座布団が写ってますけど、これでこの大仏様の大きさも判断しやすいか。
こちらの大仏様は木製木彫りなんですよ、そこに金箔を貼っております。
しかし、まさか15m級の大仏様が3体って噂は本当やったんや。
なかなか圧巻されますぞい。

こちらのお寺の歴史と、大仏様建立の説明書き。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

関西ではよく名前を見る、相互タクシーの創設者「多田清」氏が、
私財を投じて建立されたのだそうだ。

こっちの五重塔にも行ってみましょう。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

高さは約70m。

中も上まで登れるようになっております。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

五重塔では、日本で2番目の高さなんだそうな。
ちなみに1番目は、同じ「多田清」が建立した「越前大仏」のお寺にあります。
(そっちもこの旅で行きましたから、後日記事にします)

えっちらおっちら、階段を上がる。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

この最上階にも黄金の3体仏がおられましたね。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

眺め。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

大仏殿を見下ろします。
黒い3連星ではなくって黄金の3連星?15m以上ある大仏様が3体も並ぶ不思議なお寺「川会山 長楽寺 但馬大佛」(兵庫美方郡香美町)

今回、大仏めぐりの旅の一環ですから、参拝料払って中まで見学しましたけど、
普段の旅では、ここには来なかったと思います。
その大きさは壮大なんですけど、歴史的背景考えても、薄っぺらいんですよね。
大きさも奈良大仏と同じくらいならば、現代の技術やと簡単でしょ?
それも木製ですしね。

私と同じような考え方は、他の方も一緒なんだと思います。
そして信仰心の厚い方は、もっと伝統あるお寺に参拝に行くと思いますし。
なので、何十分経っても、参拝客は私1人やったんやろな~

住所:兵庫県美方郡香美町村岡区川会642
電話:0796-95-0009
拝観時間:9:00~16:00
定休日:無休
参拝料:大人800円、高校生以下無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。