オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

米沢市街地を南下、吾妻連峰と呼ばれる地域を目指します。
福島市西部から米沢市南部にかけて拡がるこの山地は、温泉好きならば誰もが知ってるええ泉質の湧いている地域ですね。
なので、本日~明日にかけて色々と巡ってみようと思ってます。
その第一弾、「白布温泉 中屋別館不動閣」にやって来ました。

オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

標高900mに位置する、山ん中の1軒宿。
歴史を感じる風情ある旅館です。

今回も入浴料500円のところ、「まっとうな温泉」を使って無料利用させていただきます。

さて、浴場に向かう。
オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

内湯と露天とは、場所が違うみたいですね。
その内湯は「オリンピック風呂」と呼ばれ、非常に有名なんだとか?
昭和39年(1964年)に開催された東京オリンピック・・・
この年にここの宿の大浴場がオープンしたので、オリンピック風呂と名付けられたんだそうな。

スポンサードリンク

そのオリンピック風呂。
オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

長い。
まさにプールを彷彿させてくれますね。
その長さは男性用は18mあるんだそう。

窓からの景色は完全に山ん中です。
オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

最上川の源流が流れております。
お湯は完全無色透明、クセはなくって温泉感は全然感じません。

では、泉質表で分析してみましょう。
オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

もう1枚。
オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

源泉温度56.8度、PH7.8の硫黄泉。
これを見てびっくりしましたね、へ?硫黄泉??
白濁りも全くないし、浴場に入った時も、その匂いはほとんど感じ取れなかった。
蒸発残留物は1262mg/kgで硫酸イオンがそのほぼ半数を占めます。
しかし、硫化水素イオンの項目を見て下さいな、わずか0.8mg・・・そりゃ硫黄感がないのも納得です。
その源泉に井戸水を加水し、あとは完全放流されていますね、塩素消毒もなしです。

場所を変えて、こちらが露天風呂。
オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

露天らしい開放感はなく、オリンピック風呂とそんな大差はない風情。

こっちの温泉表示も一緒ですね。
オリンピック風呂と呼ばれる長いお風呂が有名なかけ流し温泉「白布温泉 中屋別館不動閣」(山形米沢)

加水のみの源泉かけ流しです。

この地域の泉質の期待値を上げすぎたのか、拍子抜け・・・
自身の好きな硫黄泉とは全く異なるものでした。
ま、あと、何軒もはしごしますから、好みの泉質もあるでしょう。
では吾妻山シリーズを当面続けますね。

住所:山形県米沢市大字関1514
電話:0238-55-2121
日帰り営業時間:13:00~18:00
定休日:無休
入浴料:大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。