入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

茨城県は今までの旅でも来たことがなかったので、今回、温泉も初体験です。
しかし、旅の前に色々と調べはしてみましたが、これといって行きたい温泉がない・・・
そんな時は強い味方を利用させていただきます。
温泉博士を使える施設があるんですね~
ちょっと回り道になりますが、寄って行きましょう。
「いこいの村 涸沼」です。

入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

ホテルや宴会場も併設されている大きな施設。
この日は結婚式が盛大に執り行われておりました。

スポンサードリンク

ロビー前の風景。
入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

本来日帰り入浴700円のところ、温泉博士を使って無料入浴です。
ただ、日帰り入浴は11時~14時半と時間が制約されているので注意が必要。
私も、この日の行程組むのに苦労しました・・・

浴場はご覧の内湯のみです。
入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

しかし、眺めが素晴らしい。
雄大な涸沼を全面一望できるガラス張りになっており、
湯船に浸かっていても心地ええんですよ。

お湯は少し緑がかった透明な泉質でした。
入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

浸かってみた浴感は、特徴はありません。

では、泉質表で分析してみましょう。
入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

源泉温度23.5度、PH8.6のナトリウム-塩化物冷鉱泉。
1号、2号の2つの泉源があって、その混合泉みたいです。
成分総計は3416mg/kgではありますけど、その成分のほとんどは塩っ気。
そして、加温、循環ろ過、塩素消毒ありなので、
本来のその塩っ気と、PH値ほどのヌルヌルアルカリ泉っぽさも感じることはない。

水風呂とサウナも附帯されております。
入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

そんな広い浴場ではないけど、最低限これだけ揃っていれば満足。

あと、レストランの昼食メニュー。
入浴料が高い首都圏温泉でも温泉博士で無料入浴「いこいの村 涸沼」(茨城県鉾田市)

涸沼のしじみ、そして常陸牛を扱ったもんがありますね。

茨城県は決して、泉質に期待して訪問する地ではないので、
こんなもんでしょう。
関東は入浴料がどこもお高めの施設が多いので、
今回の本日の一湯、無料入浴はありがたかったです。

各25点満点
かけ流し度 :10点
施設充実度 :15点
お値打ち度 :14点
風情・快適度:19点
総合評価  :58点 評価Cランク
(総合評価のみ100点満点)

「茨城県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:茨城県鉾田市箕輪3604
電話:0291-37-1171
日帰り営業時間:11:00~14:30
定休日:火曜、年末年始
日帰り入浴料:大人700円、小人400円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。