羊蹄山を望む高級ホテルでありながら源泉かけ流しの温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(北海道ニセコ)

ニセコに到着しました。
観光地であるこの周辺は、ええ泉質の湧く温泉地でもあります。
なので、日帰り入浴をやっているホテル・旅館も多く、
月間誌・HO(ほ)にも、4つほど半額クーポン掲載施設がありました。
その中から選んだのがここ、「ヒルトンニセコビレッジ」です。

羊蹄山を望む高級ホテルでありながら源泉かけ流しの温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(北海道ニセコ)

そう、あのヒルトングループのホテルです。
クーポン使える中からここを選んだのも、
普段貧乏旅の私には、こんな高級ホテルは利用することがないから。

スポンサードリンク

では、中へ入ります。
羊蹄山を望む高級ホテルでありながら源泉かけ流しの温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(北海道ニセコ)

本来、日帰り入浴1000円のところ、
500円+入湯税150円の計650円で入浴できました。

ロビー前のバーレストラン。
羊蹄山を望む高級ホテルでありながら源泉かけ流しの温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(北海道ニセコ)

さすがのヒルトンです。

浴場入って、内湯の様子。
羊蹄山を望む高級ホテルでありながら源泉かけ流しの温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(北海道ニセコ)

案外こじんまりとしてましたね。
ただ、緑っちゅうか茶色っぽく濁ったお湯は非常に濃さを感じます。
塩素の匂いも全くありません。

では、泉質表で分析してみましょう。
羊蹄山を望む高級ホテルでありながら源泉かけ流しの温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(北海道ニセコ)

源泉温度72.1度、PH値6.8のナトリウム-塩化物泉。
成分総計は7413mg/kgと非常に多いですが、
そのほとんどはナトリウムイオンと塩素イオンです。
つまり塩っ気の強い泉質です。
ただ、泉温が高いため、加水はされておりますけど、
循環、塩素消毒なしのかけ流しの温泉です。
こういう大きめのメジャーホテルで、循環やないのは珍しいですね。

露天は内湯から1階下がった位置にあります。
羊蹄山を望む高級ホテルでありながら源泉かけ流しの温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(北海道ニセコ)

目の前に鯉が泳いでいる池がある、半露天になってます。
こちらも泉質は全く一緒です。

しかし、眺めがいい。
羊蹄山を望む高級ホテルでありながら源泉かけ流しの温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(北海道ニセコ)

目の前には羊蹄山。
池と同じ高さの露天なので、広々感もありますしね。

さすがのニセコの泉質を感じ取ることができます。
ただ、通常の入浴料は少し高いですね。
高級感を望まないのであれば、
500円、600円の入浴料で同じような泉質の施設はいっぱいありますから、
ニセコではそういうとこに行ったほうがええかな。
なので利用客はいかにもゴルフ(コースもここのホテル併設されてます)
終わったとこらしい方々ばかりでしたね。

住所:北海道虻田郡ニセコ町東山温泉東山温泉
電話:0136-44-1111
日帰り入浴営業時間:13:00~21:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人1000円、小人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。