ドリルがついた珍しい砕氷船が展示されています「初代ガリンコ号」(北海道紋別)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

オホーツク海沿岸は日本で唯一、流氷を観測することができるスポットです。
その流氷を見るために造られた観光船があるんですよね。
その名は、ガリンコ号。
今では2代目が就航しており、紋別港から出港しております。

その初代がその船乗り場のすぐ近くに展示されているんですよ。
その形態が結構な「珍」船なんですよね(^^)
そんなの大好きな私は、紋別へ到着してすぐに見に来ましたよ。
「初代ガリンコ号」です。

ドリルがついた珍しい砕氷船が展示されています「初代ガリンコ号」(北海道紋別)

特徴はなんと言っても、船下に設置されているドリルでしょう。

スポンサードリンク

このドリルを回転させて、氷を砕き、前進することができます。
ドリルがついた珍しい砕氷船が展示されています「初代ガリンコ号」(北海道紋別)

ま、本来の名前はドリルではなく、アルキメディアン・スクリューって名前。
しかし、私の見た目にはドリルなので、この後もドリルで話を進めます。
で、こんな乗り物どっかで見たよな~って思い返すと、
サンダーバードで、ドリルで地下を潜る乗り物って出てきませんでした?
あれを思い出したな~

説明書き。
ドリルがついた珍しい砕氷船が展示されています「初代ガリンコ号」(北海道紋別)

昭和62年に就航し、平成8年まで現役でした。
定員は改修後は、70名乗れる船やったそうです。

このドリルのようなスクリューは、約50cmの厚さの流氷も砕くのだとか。
ドリルがついた珍しい砕氷船が展示されています「初代ガリンコ号」(北海道紋別)

今では2代目が就航し、流氷見物は紋別の人気観光になっておりますね。

こんな船は、全国どこを探してもなかなか見物できる船ではないので、
私のように、乗り物好きで、珍なものが好きな方なら、
是非見てもらいたい船ですね。

住所:北海道紋別市海洋公園1
電話:0158-24-8000

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。