とんでもない山岳地にある秘湯の宿で源泉かけ流し硫黄泉「滑川温泉 福島屋」(山形米沢)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

吾妻連峰近辺の温泉めぐり2軒目。
しかし、この付近、どこの温泉地に行くにも道路事情が非常に酷です。
私は、ここの宿へ行くのに、米沢市街地方面から向かったんですけど、国道通らずに行くと、とんでもない酷道でした・・・「滑川温泉 福島屋」にやって来ました。

とんでもない山岳地にある秘湯の宿で源泉かけ流し硫黄泉「滑川温泉 福島屋」(山形米沢)

その道路の一番突き当たった所にある温泉宿。
よくもまあ、こんな奥地にこれだけの規模の旅館を作ったなって印象。

スポンサードリンク

ここも「まっとうな温泉」を使い、入浴料600円が無料でした。

ありがたく恩恵に授かります。

この日は露天風呂は清掃中とのことで、利用できたのは内湯のみ。
とんでもない山岳地にある秘湯の宿で源泉かけ流し硫黄泉「滑川温泉 福島屋」(山形米沢)

こちらの浴槽のみになっておりまして、混浴です。
ただ、脱衣場は男女別になっておりますよ。
この浴場に入るとすぐに、硫黄の匂いがプンプン香ってきました。

少し白く濁った透明なお湯。
とんでもない山岳地にある秘湯の宿で源泉かけ流し硫黄泉「滑川温泉 福島屋」(山形米沢)

硫黄泉となると、濁って底が見えないくらいの白濁湯を連想しますが、
こちらの浴槽はそうではないですね。
肌触りは優しく、さほど特徴はないかなって感。

では、泉質表で分析してみます。
とんでもない山岳地にある秘湯の宿で源泉かけ流し硫黄泉「滑川温泉 福島屋」(山形米沢)

源泉温度は53.6度と40.4度の2種類表示されておりますので、
2つ源泉があり、その混合泉と思われます。
使用場所での温度表示はめっちゃ高いですね、46.4度(^^;)
ただ、熱いの苦手な私ですが、それほど我慢することなく浸かれました。
なので、この利用時は43度くらいだと思います。
PH値は7.2で、ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉。
成分総計は1086mgg/kgで、浴感どおりの成分値だと思います。

加水加温は一切行っていない、源泉かけ流し100%!
とんでもない山岳地にある秘湯の宿で源泉かけ流し硫黄泉「滑川温泉 福島屋」(山形米沢)

そのフレッシュさは伝わってきますね。

道中、酷道であったのでどれだけすごい秘湯かとハードル上げすぎました。
硫黄泉としては、こちらよりもすごい泉質の温泉地はたくさんありますしね。
あと、受付された男性の方の応対も、私が温泉本入浴なのもあってか無愛想やったのもマイナスポイントです。

住所:山形県米沢市大字大沢滑川15
電話:0238-34-2250
日帰り営業時間:9:00~16:00
定休日:4月下旬~11月下旬だけの期間限定営業です
入浴料:大人600円 小人250円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。