激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

この日は一時的に東北の福島県入りをしておりましたが新潟へ向かいます。
そして、福島と新潟の県境山間部も結構ええ温泉あるんですよね。
この方面にやって来るのは、私は初めて。
ある1つの温泉旅館に立ち寄りました、「宮下温泉 栄光舘」です。

激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

ひっそりと佇む、こじんまりとした老舗温泉宿って印象。
では、中へ入りましょう。

スポンサードリンク

今回も、私の温泉バイブル本、「まっとうな温泉」を使います。

日帰り入浴500円のところ、無料入浴の恩恵をありがたく受けますね。

ここはレストランになるんかな?
激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

浴場はまだ先だ、長い廊下を突き進む。

こちらが男性浴場の様子。
激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

このL字型の内湯のみになっております。
外の只見川が一望できるように工夫されており、明るいです。

結構、広いです。
激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

この規模の旅館にしては、ゆったりできる雰囲気。

お湯は薄く茶色っぽく濁っておりますね。
激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

見た目からして、こりゃ源泉かけ流しでやってるんやろなってのが分かります。
そして、湯温が熱い・・・熱いの苦手な私はなかなか長湯できないな。

では、泉質表で分析してみましょう。
激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

源泉温度63.2度、PH値6.8のナトリウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩温泉。
溶存物質(ガス性除く):3709mg/kgと非常に多く、
中でも、硫酸イオン、炭酸水素イオンの値が非常に多いですね。
泉質に影響を与える項目は一切書かれてはおりませんでしたが、
湯使いを見る限りは、完全源泉かけ流し100%でしょう。

それは、この投入口と、浴槽からドバドバと溢れ出るお湯で分かります。
激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

この投入口のお湯はさすがに手では触れませんでしたけど、
近辺までいくと相当熱いです、源泉そのままの投入ですね。

この濃い~泉質と、この眺めですからね。
激熱系の源泉かけ流し100%温泉旅館「宮下温泉 栄光舘」(福島県大沼郡)

もっと晴れていたら気持ちええんやろな~、すごい旅館だ。

全く全国的には知られていないマイナーな旅館でしたけど、
これほどまでに泉質レベルが高いとは思いませんでした。
また内湯のみですが男湯は景観がいい。
(女湯はさすがに外から見られるのを避け、ここまでの景観ではないみたい)
さすが「まっとうな温泉」、すごい旅館を探し当てたなと感心するばかりです。

各25点満点
かけ流し度 :24点
施設充実度 :14点
お値打ち度 :21点
風情・快適度:21点
総合評価  :80点 評価Bランク
(総合評価のみ100点満点)

「栃木県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:福島県大沼郡三島町宮下塩水4113
電話:0241-52-2636
日帰り入浴営業時間:8:00~20:00
定休日:なし
日帰り入浴料:600円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。