陸に上がった捕鯨船「第一京丸」(和歌山太地町)

和歌山の太地町というと、捕鯨の町として全国的に知られていますね。
ここにはくじらの博物館もあり、鯨を中心とした観光地になっております。
私はちっさい頃から2度ほどこの博物館には行っておりますので、
今回の日本一周では中へ入っておりません。
それに温泉目当てで南紀勝浦に行くときに、ここもよく通りますから、
太地町も何度も来ておりますし。
ただ、この船は見たことがなく、見学してみたかった。
捕鯨船「第一京丸」です。

陸に上がった捕鯨船「第一京丸」(和歌山太地町)

結構大きな捕鯨船(全長70m)です。

スポンサードリンク

なのになんで気付かなかったのかは、ごくごく最近展示されたんですよ。
平成24年2月なんですよね。
おそらく、私が勝浦にやって来たのはそれ以前だと思います。

さて、捕鯨船、見学させてもらいましょう。
陸に上がった捕鯨船「第一京丸」(和歌山太地町)

・・・どこにも入口ありません。
なんで~って後から調べてみると、こちらの船、内部公開していないんですよ。
てっきりこうして陸揚げしているから、やってると思ってた。

捕鯨船は今まで中を見たことなかったから、見学したかったんですけどね。
陸に上がった捕鯨船「第一京丸」(和歌山太地町)

特に一番前にある大砲みたいなの(名前ど忘れ)を見てみたかったな~

ま、いずれ見学できるように整備しているのかもしれません。
陸に上がった捕鯨船「第一京丸」(和歌山太地町)

この旅、船の見学も結構回数こなすんですが、その第一号となりました。

行ってよかった?
★★★★☆☆☆☆☆☆(10段階評価で星4つ)

住所:和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2 太地町立くじらの博物館
電話:0735-59-2400

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。