昔ながら昭和のレトロ雰囲気が残る日本最古の「浅草地下街」(東京)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

この日のチャリンコ放浪は浅草にやって来ました、
ここの地下街にある、タイ料理店でランチするのが目的です。

昔ながら昭和のレトロ雰囲気が残る日本最古の「浅草地下街」(東京)

日本で3番目にできた地下商店街が浅草にあるんですよね。
その誕生は、1955年(昭和30年)です。
既に、1番目、2番目の地下街はなくなっているので、ここが日本最古となります。
そんな「浅草地下街」にやって来ました。

スポンサードリンク

小洒落た百貨店、「松屋」の地下になるんですけど、
いったいどんな構造になっているんでしょうか?

降りていくと、ご覧の雰囲気なんですよね。
昔ながら昭和のレトロ雰囲気が残る日本最古の「浅草地下街」(東京)

なんと、700円で散髪できる店があるんやな~
この料金は全国最安とも思えるお店です。

そして、その向かいには、DVDを3枚980円で売ってる店があったり、
350円焼きそばの名店があったりと、見た目も昭和レトロだが、
価格も昭和40年代でストップしているかのような設定なのである。

逆側を見ると、ご覧のような光景にもなっています。
昔ながら昭和のレトロ雰囲気が残る日本最古の「浅草地下街」(東京)

こっちは古本屋に金券ショップですね。
その奥には、銀座線の乗り場になっています。
あくまでもそのスペースはこじんまりとまとまっていますね。

しかし、この天井の剥き出し配線も素晴らしいな。
昔ながら昭和のレトロ雰囲気が残る日本最古の「浅草地下街」(東京)

よくぞまあ、今の時代に生き残ってこれたよなって思える地下街なんですよ。

ホッピーの立て札が出てるお店があるとおり、ここで昼から呑んでる方も多数。
私のようなひよっこには、まだまだここの雰囲気は似合わなそうです・・・

もっと酒飲みも精進しよう。

ちなみに今回食べたお店は以下で既に別記事にしております。
タイ屋台メシ「モンティ」の記事はこちら!

住所:東京都台東区花川戸1丁目

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。