三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

本日の一湯。
鳥取県の倉吉市を目指します。
この近辺で有名な温泉地は「三朝温泉」、
その泉質と似た温泉が湧き立つ地域があります。
関金温泉「湯楽里」にやって来ました。

三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

宿泊施設なんですけど、さほど大きくはなく地味な存在。
三朝温泉がド派手なイメージがあるだけに、ここ関金温泉はひっそりこじんまりとした印象です。

スポンサードリンク

こちらが浴場前の休憩処。
三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

宿の見た目と同印象ですね。
温泉博士が使えて、日帰り入浴400円のところ、無料入浴です。

浴槽もシンプルなもんです。
三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

こちらの内湯のみ。
4人も入れば、いっぱいかな。
お湯は完全無色透明でさっぱりしたタイプです。

ただ、閉塞感はなく、屋外に出ることができるスペースがあります。
三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

高台にあるので、なかなか景色はええですよ。

では、泉質表で分析してみましょう。
三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

もう1枚。
三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

源泉温度46.7度、PH値7.6の単純弱放射能泉。
三朝温泉と同じ、ラジウム温泉になっております。
ラジウムが発する微量放射線効果で、身体の免疫力や自然治癒力を高める「ホルミシス効果」があります。成分総計は597mg/kgですから、成分的な濃さは全然ないです、単純泉ですね。ラドンの数値のみに特徴があります。
ただ、加温、循環ろ過、塩素消毒ありですから、ラドンらしさはあまり感じません。

ここ関金温泉の由来。
三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

そして浴槽の説明書きです。
三朝温泉と同じラジウム放射線の泉質をもつ地域「関金温泉 湯楽里」(鳥取倉吉)

まあ、入浴料400円で、シャンプー等のアメニティも附帯してますから、設備、泉質面からも、こんなもんでしょう。
ただ、やはり三朝温泉にはもっと大規模なホテルが日帰り入浴やってますから、温泉入っての面白みとしては、そっちへ行っちゃうかな?
混雑はないので、ゆっくり一人で浸かりたい人向けですね。

各25点満点
かけ流し度 :19点
施設充実度 :12点
お値打ち度 :17点
風情・快適度:12点
総合評価  :60点 評価Cランク
(総合評価のみ100点満点)

「鳥取県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:鳥取県倉吉市関金町関金宿1396-2
電話:0858-45-6400
日帰り営業時間:8:00~23:00(最終受付22:00)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人(中学生以上)400円、小人(小学生以下)200円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。