ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

駅近、激安1泊3000円のホテルで宿泊しております。

バンコクでの宿もこれで3宿め。 現地語も、英語も全くでけへんコミュ障おっさんのくせに、こうして頻繁に宿は変えます。 旅してる時は、常に新...

このお値段の宿で無料朝食がつくんですよね。
1階のレストランへ降ります。

ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

いかにも中華系老舗の宿らしい雰囲気ですね。
ここでちょっと戸惑ったことが・・・
チェックイン時に朝食券らしいもんはもらえませんでした。
ルームキーで大丈夫なんかなって思ってたら、なにやらタイ語で店員さんに制止させられる。
言葉わからんかったけど、ルームキー見せたら、フロントに行けって行ってるみたい。
でフロントでルームキー見せて、「Breakfast OK ?」って聞くと朝食券を渡してくれました。
日本やとチェックイン時にもらえるから、こんなのさっぱり分からんわ。

スポンサードリンク

朝食はバイキング(ブッフェ)形式になっております。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

ドリンクはこんな感じで。
ただフルーツジュースらしきもんは砂糖たっぷり入ったタイプでした。

パンはご覧のとおり、自分で焼きます。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

中華系かと思ったけど、洋風のコンチネンタルがメインですね。

ハムが2種類。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

ケチャップなど調味料系も豊富にありますね。

ビスケット、シリアル系。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

私は食べてません。

まずはこんな感じで取って来ました。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

ジュースは先述したとおり、2種類甘すぎました。
パンを2種類。
そしておかずですね。

温かい料理もありましたよ。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

ソーセージ、目玉焼き、野菜炒めはちゃんと温められていました。
味は・・・まあ期待しないほうがええレベルですね。
日本のビジネスホテルはやっぱ美味しい朝食出すとこ多いわ。

しかし中華系ホテルらしく、中華粥を置いてましたよ。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

これは食ってみよう。

野菜炒めは、まあまあやったんでもう1度取って来ます。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

この中華粥はホタテの貝柱が入ってました。
このお粥がすっごく美味しかった、さらにもう1杯いただいたくらい。

あと野菜炒めね。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

こちらも中華系の味付けでよかったから、しっかり朝から野菜摂取を心掛けます。

うん、こりゃ旨いわ。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

帆立の入ったお粥なんて、日本じゃお目にかかれないもんね。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

2連泊やったんで、翌日の朝・・・
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

野菜炒めの代わりに、そこにはチャーハンが!
チャーハン大好き人間なんで、これはもちろんいただきましたよ。

2日めはこんな感じです。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

あ、ドリンクがこの日は牛乳ありました!
三角形のもんはよーわからん一品でした。
なにやら小麦粉は使われているみたいですけどね。
美味しくはない。

チャーハンも、こりゃピラフだな・・・
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

タイらしい、青唐辛子を酢漬けにしたもんがあったんで、これかけて食うとなかなか。

あと、お粥を楽しみにしてたんよね。
ザ クルンカセーム シークルン ホテル[The Krungkasem Srikrung Hotel](タイバンコク/ファランポーン)朝食はバイキング形式です

前日のホタテ粥が旨かったもん。
しかしこの日は変わってました。
ピーナッツやミンチ肉、キャベツの酢漬けをセルフトッピングしていただくもの。
これは私の口には合わなかった。

まあ、無料朝食のバイキングとしては、文句はないです。
期待して泊まらなければ、まあこんなもんやと思えるのでは?

では最後に総評を。
あちこち老巧化してるのさえ納得できるのであれば、立地もええし、バンコクの安宿で泊まる候補にええと思いますよ。私は3000円以内の宿にしては朝食付きでよく頑張ってると思います。ヤワラートの中華街に行く、また翌日タイ国鉄でどこかに移動するならば、泊まってみるのもいかがでしょうか。

旨さ………… 8点
安さ…………18点
店の雰囲気…13点
B級度………18点
印象度………12点
総合評価……69点 評価Cランク

グルメのジャンル別・地域別の自己評価ランキング

住所:1860 Krungkasem Rd., Pomprab, Bangkok 10100
電話:66 (2) 2250132
チェックイン:14:00(12時のアーリーチェックイン可)
チェックアウト:12:00



はじめての世界一周 超短期で行く?じっくり長旅で行く?[ 吉田友和 ]

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。