味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

旭川に移住して来てから、ちゃんとこの地ローカルのラーメン屋さんに一切行ってません。
どっかで食べたいよな~って思ってたら、いつも買い物に行くメガドンキの近くにいかにもなローカルラーメン屋を見つけた。
本日はここで昼食にいたしましょう、「味の番番」に入店です。

味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

11月初め、まだ秋やのに雪の舞う寒い日でしたね。
あったかいラーメンが恋しくなった日でした。

スポンサードリンク

店内いかにもな老舗ラーメン屋風情。
味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

こういう雰囲気が私は好き。
カウンター席、相方と並んで座ります。
空いてたから、テーブル席でもよかったんですけどね。

メニュー。
味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

北海道の昔ながらのラーメン屋は必ずと言ってええほど、醤油、味噌、塩の3種類の味のスープがあります。
こちらのお店もベースはそうですね。
ただ、味噌が合わせ、赤味噌、黒味噌と3つに分かれてます。
私はコクがある味噌スープ大好きなんで黒味噌らーめん(800円)に、相方は正油らーめん(650円)にしてました。
もちろん両方の味、シェアしていただきますけどね(^^)

こちらが、黒味噌らーめん(800円)。
味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

スープは、生薬をなじませ黒味噌特有のコクと旨みを引き出した滋味深い一杯とのこと。
なるほど、その言葉どおりの味わいです。

チャーシューは立派な大きさの1枚もの肩ロース肉。
味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

ただちょっとハムっぽくって、トロトロタイプが好きな私には合わないかな。
あと、もやし、メンマ、葱といったトッピング。

こちらが正油ラーメン(650円)。
味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

見た目的にはほとんど黒味噌と変わらないですね。
海苔がのっているかだけの差。
醤油スープの味わいは旭川らしいな。
いわゆるラードで表面を覆って冷めにくくしたタイプ。
こういう味の旭川らーめんって、よくパッケージにして売ってると思います。
よくも悪くも昔ながらですよね、私はあまり好きではない。

相方はラーメンには必ずライスつけるタイプらしく・・・
味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

私は普段やんない、ラーメンライスって注文。

やっぱ黒味噌は旨いなって思います。
味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

この店自体の売りは味噌なんでしょうね。
なので3種類も味噌は揃えているし。
逆に醤油は平凡やもんな。

麺は低加水の旭川らしいです。
味の番番(北海道旭川)老舗ローカルラーメン屋でいただく味わい深い「黒味噌」と「醤油」らーめん

旭川へラーメン食いにやって来たら、どっかのお店で必ずお目にかかるであろう麺。
なので、特に言及しないです。

うん、この日求めていた旭川らしいラーメン屋そのもんでしたね。
醤油はそれなりでしたが、黒味噌は美味しかったです。
旭川はラーメン王国(人口10万以上都市では、1人あたりのラーメン店舗数は栃木県佐野市に次いで全国2位)なので、また色々と巡ってみたいと思います。

住所:北海道旭川市春光1条8-11-5
電話:0166-52-7388
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日

↓お勧めリンク↓

「ご当地ラーメン」の地域ブランド戦略

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。