台北から高雄へ!和欣客運「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!こんな安くてええの?

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

2019年2月11日(月)避寒旅10日目その2

ここから台湾の旅は、高雄が拠点となります。

2019年2月11日(月)避寒旅10日目その1 台北駅近くのドミトリーで宿泊でした。 前日の夜は、腹が減ったら近くのチェ...

台北から高雄に移動するバスがこちらですね。

台北から高雄へ!「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!そしてこの旅一番にチェックインに難儀した

和欣客運「白金臥艙」という高速バスです。
バスの全景は、途中乗り継ぎの時に撮ったもの。
プラチナシートと呼ばれるその乗り心地は、めちゃめちゃすごいと評判のバスで、絶対に1度乗ってみたかった。

スポンサードリンク

あ、窓口でチケットをどのようにして買ったのかだけ、補足して説明しますね。
台北から高雄へ!「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!そしてこの旅一番にチェックインに難儀した

まず、メモ用紙に以下のように記載しました。

台北 → 高雄
10:40
1張

行き先、時間、枚数です。
で口頭でも「カオシュン ディスタイム ワンチケット プリーズ」って言いました。
そして「白金臥艙」のクラスに乗りたいから、「パイジンザ シート?」とも確認しましたね、その時間のは「OK」って返ってきました。
あとクレジットカード使えるのか聞いたが「キャッシュオンリー」ってことで、現金で支払ったやりとりくらいかな。
あ、高雄でどこで降りるのかも聞かれたが、「カオシュンステーション」で通じました。
ちなみに全て英語のやり取りでいけますから、なんとかなります。

この豪華バスの内部。
台北から高雄へ!「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!そしてこの旅一番にチェックインに難儀した

こうなっているんですよ。
1列2シートのみ、全部で14席しかない、広々とした空間になっているんですよね。

1シートの前後の幅もめっちゃ広い。
台北から高雄へ!「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!そしてこの旅一番にチェックインに難儀した

電動リクライングになっていて、後ろの人になんら迷惑かけることなく、めっちゃ倒すことが出来ます。
過去、こんな豪華なバスに乗ったことのない私。
それでいて、5時間所要時間かかる行程で、2650円程度とめっちゃ安いからな~

足もご覧の通り、曲げる必要がない。
台北から高雄へ!「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!そしてこの旅一番にチェックインに難儀した

私が短足やからって関係ないですよ。
身長180㎝くらいの人でも、のびのび寝転べるでしょう。
さすがプラチナシートと名付けるだけはあります。

台北の街。
台北から高雄へ!「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!そしてこの旅一番にチェックインに難儀した

さすがに抜けるのに渋滞がひどかった。
しかし、このバス・・・めちゃめちゃとばします。
時速120㎞は出てるんちゃう?って思った。
台北の路線バスでも思ったけど、まあ運転はどこまでとばすねんってくらいに怖いですね。

道中はほぼ寝ころびながらの動画鑑賞です(^^)
しかし、途中から2時間くらいは完全に寝てしまっておりました。
席が完全に、座ってるというより寝てるって体勢なんですよ。
普段こういう交通機関で眠るってことができない体質の私ですが、これはよく眠れましたね~

15時半くらいに高雄駅前に到着。
台北から高雄へ!「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!そしてこの旅一番にチェックインに難儀した

写真は、旧高雄駅ですね。
途中乗り換えの必要はあったけど、こんな素晴らしいバスに乗れたのは価値ありました。
新幹線の方が速く移動は出来るけど、乗り心地のよさと値段の安さ考えたら、台湾の高速バスは一度試してみるの面白いですよ。

では、本日宿泊する宿に向かうといたしましょう。
台北から高雄へ!「白金臥艙」豪華高速バスの乗り心地はさすが!そしてこの旅一番にチェックインに難儀した

まず感じたのは、暑さですね。
さほど台北も高雄も緯度的に距離はない(九州よりも面積は小さいですよね)のに、台北より2~3度温度は高い印象。
この到着時も、気温は23度超えてた。
歩いていても汗だくです。
あと、街並みが台北よりも田舎感が強いですね。

では泊まるホテルも近づいて来ました。
その後の行動はまた明日の記事へ続けますね。



スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。