避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

2019年2月2日(土)避寒旅1日目その2

ようやくタイガーエアのチェックインが始まりました。

2019年2月2日(土)避寒旅1日目その1 こんなとこ、もうやだ!!! これが旭川2月の現実です。 出発しようと思った...

ホームページでは2時間半前と書いてあったけど、2時間前くらいからやったでしょうか。
まあ、国際線なんて全然飛ばない空港ですからね。
そんな前からチェックイン開けていても捌く客数も少ないし、早すぎるんでしょうな。

だってね、その時並んでいる客のパスポート全部預かって、どっかに処理しに行ってましたもん(^^;)

そんなこんなでチケットゲット。

避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

旭川から唯一飛んでいる定期国際便が、この台北「桃園空港」行きのタイガーエアだけです。
なのでそれが、今回の台湾行きを決めた1つの理由ですね。
新千歳まで行くの、ほんとめっちゃダルいですよ。
午前中の便なら、一旦札幌へ前日に前乗りしなきゃいかんし。
チケットもセールの時に取ったんで、空港使用料も含め片道約9000円弱。
かなり安く取れました。
なぜなら、2月5日が春節(旧正月の元旦)だから。
この時期、日本から台湾に観光に行く人間もなかなかおらんし、また逆に台湾人も春節の休みを利用して海外に行くでしょ?
なのでこの日だけ、相当安かった。

スポンサードリンク

そんじゃ、ちゃっちゃと手荷物検査、出国審査もやっちゃおう。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

って閉まってるやん!
国際線で定期便で飛ぶのはこのタイガーエアだけやもんな。
こっちもそんな前から開けていてもなんやろね。
火曜と土曜だけの就航やし。

仕方ない、また空港内ぶらぶらしよう。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

へえ、こんなフライトシミュレータあるんや。
しかし有料、さらに故障中の紙が貼られていました。

国際線はタイガーエアだけで閑散としてるけど、国内線は結構人いるね。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

しかし、旭川空港から飛んでる国内線LCCもほとんどないしな~
今後もほぼ利用することのない空港だ。

あ、荷物検査のゲート開いた。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

写真は、出国審査まで終わって出てきたもの。
もう航空機の荷物検査も、北海道へ来てから何度もやってるので慣れました。
しかし今回、靴まで脱げって言われたぞ。
そんな靴底に麻薬忍ばせてへんって。
分厚いブーツ履いてる人間はみんな脱がされていた。

これで出国、3回目。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

1回目が2018年5月のバンコク、2回目が2018年11月のソウル。
そして今回の台北ですね。
ま、いつもと変わらず出国は簡単なもんでした。

しかし、早すぎたかな。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

搭乗ゲートには、まだほとんど誰もおらへんわ。
ま、いつも早め早めに行動するのが私のモットー。
仕方ない。

ホント、この雪でも全然飛ぶの大丈夫なんやからね。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

素晴らしいね、旭川空港。

私が今回搭乗するタイガーエア。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

エアバスのA320。
近距離のLCC国際便でよく使われる機体ですね。

横には、国内線のJAL。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

貧乏な私には今後一生乗ることのない飛行機でしょう。

あ、給水ポイントは出発ゲート、トイレの前にありますよ。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

荷物検査で一旦ペットボトルを空にしてますから、ここで給水しときます。
なんせフライト時間は、台北まででも5時間もありますからね。
さすが北の果ての旭川だ。
お隣の国でもめちゃめちゃ遠い。

フライト30分前、乗り込みます。
避寒旅最初の目的地は「台湾」旭川と違って温暖な冬が楽しみだ♪タイガーエアチェックイン~搭乗

今回の座席は「4F」
3×3のシートなんで、窓側。
全く座席指定してなかったけど、窓側にしてくれてホッとした。
この便もほぼ満席状態やったんで、これで真ん中なら、5時間は結構厳しいなって思ってたもん。

ってなわけで、予定時間通りに飛び立てそう。
では、この記事も長くなりましたので、また明日の記事へ続けますね。



スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。