広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

2018年11月17日(土)その7

韓国ソウルでのモバイル機器充電方法についてご紹介しました。

2018年11月17日(土)その6 東大門のホテルで宿泊、周辺を散策しました。 ちょい旅本編から外れますけど、韓国は日本...

再び、東大門での夜ぶら歩きからの続き記事を書きたいと思います。

この日、夜のメインに考えていたのは、「広蔵市場(カンジャンシジャン)」

広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

ソウル観光では一番メジャーな市場でしょう。
この日は土曜日・・・まあとんでもない人出でした。
しかしめちゃめちゃ活気あって、私はこういう雰囲気大好き。

スポンサードリンク

この入り口にある店がすっごい行列できた。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

ハングルばっかりなんでなんなのかよくわからんが、小麦粉でできたようなのを焼いていた。
1つ2000ウォン(200円)なんで食いたかったけど、この行列はなあ~

ここのお店はお好み焼きとチヂミみたいな合いの子を揚げていた。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

1つ4000ウォン(400円)くらいなんかな。

あと、こうして店頭でお手軽に飲み食いできる店も多いです。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

ホント雰囲気ええよね、私も1人でなければここで飲み食いしたい。
しかしホント外食を1人で食べる習慣のない韓国では、言葉しゃべれんし、敷居高い。
相方と2人なら絶対にここで食ってるわ。

3時50分美味しいスンデを売るアジュンマって有名なおばちゃん。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

ここのスンデも、ホント買って食ってみたかった。
他に色々買ったんで諦めたアジュンマのスンデです。

こういう海鮮のお店もあります。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

この店頭で泳いでいる魚を好きな食べ方に調理してくれるんかな?
1匹10000~20000ウォン(1000~2000円)ってとこ?
こういう店も韓国語できんかったら、2人以上で入っても敷居高そうだ。

1人身の私は寂しくテイクアウトして、ホテルで食べるつもりです。

まず、これは絶対に食おうと思ってた。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

ユッケ通りにやって来ました。
日本ではもう禁止になった、ユッケや生レバーが食える店がずらりと並びます。

しかしどこのお店見ても大人気!
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

ユッケ、生レバー、生センマイ食える店はめっちゃ行列しております。
来てるのはほぼ日本人ではないかな?
日本で食えないから韓国で食おうと誰もが思うもんな。

私はテイクアウトなんで、適当なお店で、店頭のおばちゃんに話しかける。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

「ポジャン、OK?」。
韓国語でポジャンはテイクアウトを指します。
おばちゃんがうんうんってにっこりとほほ笑んでくださったんで、生レバーを指さして、「プリーズ」って注文します。
ホントここのおばちゃんも優しかったし、サービスしてくれた。

引き続き。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

もう1点韓国で絶対食おうと思ってたもの。
カンジャンケジャン(渡り蟹の醤油漬け)です。
生の渡り蟹を醤油で漬けたもの、これも日本じゃまあ食えない。
ここのお店のおばちゃんも愛想よく少し日本語できたんで、もう1点購入。

さらに・・・
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

米のもん食いたかったから、有名店でキムパッもテイクアウトします。

ビールはコンビニで購入。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

どっちも2000ウォン(200円)だったね。
500mlのロング缶です。

多分、どっかの国の直輸入安もんでしょう。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

韓国ビールは高いから、こういうチョイスです。

生レバー
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

これで12000ウォン(1200円)です。
ホントおばちゃんたっぷり入れてくれた(^^)
10年ぶり以上??まあ飽きるほど生レバー食えましたね。

カンジャンケジャン
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

1匹をホテルで食べるって言ったらカットしてくれました。
しかし高いですよ、1匹小さいので20000ウォン(2000円)。
でこれはあまり好みではなかった。
普通に私は茹でた蟹を酢醤油で食べるのが一番好きだ。
あ~セコガニ食べてええ!!!(北海道ではまあ売ってない)

あとこれね・・・
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

何かと言えばタコキムチです。
カンジャンケジャンを買った店で試食させてくれたんですけど、めっちゃめちゃ美味しかった。
なのでこれも一緒につまもうとおばちゃんにこれもって言ったら、1kgの大容量でした・・・
この量やから10000ウォン(1000円)しましたしね。
キムチ系は機内持ち込みで日本に持って帰れないから、このあと3日間はこのイカキムチがホテルでの晩酌のアテになったとさ。

そして、キムパッは「麻薬キムパ」と呼ばれる有名店のです。
広蔵市場の雰囲気は日本では味わえないね♪そして渡り蟹醤油漬けと生レバーの贅沢晩酌♪

これはめっちゃめちゃ旨かった。
中毒になるくらいに旨いから麻薬ってついたらしいが、まさにその言葉がぴったりくる。

さすがに生レバーがすっごいボリュームやったんで全部食いきれず・・・あ、タコキムチも相当食った(^^;)
ちょっと残ったけど、また明日朝食べることにしよう。
んじゃ、おやすみなさいzzz・・・

では翌日行動は、また12時アップ記事で続かせます。



女ひとり たらふくソウル ひとり旅で使える食べまくり、買いまくりの40軒

スポンサードリンク

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。