韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

2018年11月16日(金)その5

戦争記念館を見学しました。

2018年11月16日(金)その4 ソウル地下鉄の利用方法について記事にしました。 その地下鉄に乗って、南大門(会賢)か...

3時間くらいはおったんかな?ホント時間を忘れる展示内容でした。

で、昼に食べたもんがだいぶこなれてきたんですよね。
夕方あたり、お店がまだ混まない時間を選んで、次のめしを食うことに。

明洞へやって来ました。

韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

ソウルへ観光にやって来て、この地に立ち寄らない日本人はいないでしょう。
なので、街中どこ通っていても日本語ばかり聞こえてきます。
あと、この昼間の明洞は東京新宿っぽい華やかさがありますね。

スポンサードリンク

あ、よく明洞観光で見るやつ。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

ラインショップですね。
私は友達いないんで、LINEもほぼ使っておらず、興味ないからスルー。

ソウル両替のレートは、ここが一番ええって聞きますね。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

中国大使館前の両替商です。

果たしてそのレートは?
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

なるほど~994.00ですか。
昨日両替したところ(JOY両替)では、990.00やったんで、若干ええよね。
ただ15日のレートよりも16日のレートはチャートでは値上がりしてますから、どっこいどっこいのはず。

道端では、警備の警官が猫とじゃれあってた。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

おそらく休憩中やとは思うけど、制服来た警官が公道でこんなことしててええのか?
こういうとこ、日本の文化と違うよなって思います。

そんじゃ、この日お目当てにしてたお店に入ります。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

「ポンスニ」という焼肉料理屋さんですね。
但し、定食もやっていて、1人前から注文可能なことは事前に調査済み。
韓国の1人旅行はホンマ、ちゃんと食べる飲食店は調べておいたほうがええですよ。
その辺で屋台で食べるのではなく店内で食べる店は、2人前からの店ばっかりなのは先日お伝えしたとおりです。

こちらが1000円の「豚プルコギ定食」です。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

これぞ韓国の定食や!って思いませんか?
まず熱い石釜の料理が、豚プルコギ、そしてチゲ鍋、豆乳汁みたいなの。
パンチャン(おかず)が10種類、そしてご飯に、肉を巻いて食べる葉っぱが3種類10枚くらいって構成。
韓国は残すって風習があるから、ホント1食がとんでもないボリュームあります。
ただ、私は日本人ですから、全部綺麗に平らげましたけどね(^^;)

この豚プルコギ定食、頼むときに店員さんに「カライヨ」って言われました。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

まあ大概の辛いもんは大丈夫な私。
一度ほぼギブアップしかけたんは、中本蒙古タンメンの北極を食ったときくらいやもん。
なので、この辛さも相当やったけど、全然平気でした。
しかしお腹はそうはいかず、このあと何度地下鉄のトイレに駆け込んだことか・・・

お店出ると辛さで汗だくやったんで、めっちゃ涼しくて気持ちええ。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

ちょうど明洞名物である屋台が出始めておりました。
うん、この雰囲気、絶対に夜に来たい。

あ、丸亀製麺みっけ。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

値段どんなもんかチェックしてみると、かけうどんで4500ウォン(約450円)。
相当高いよね。
やっぱソウルは飲食の相場がかなり高いよなと改めて実感。

で夜の明洞を徘徊する前に日があるうちに行っておこうと思った場所。
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

ここもソウル観光では欠かせないですよね、世界遺産の「景福宮」
しかし、戦争記念館で時間を大幅にオーバーして見学したんで、着いたのが閉館時間の17時でした・・・

なので、中へ入ることはできず・・・
韓国ソウル観光の定番「明洞」へ!しかし10種類以上ものおかずがつく豚プルコギ定食はさすがだ

外から建物を眺めるだけです。
ただこういう歴史的な建物は、あまり日本の寺院とさほど差異はないですよね。
そしてメジャーな観光スポットは行きたがらないあまのじゃくの私やし。

ってな感じでこの日も日が暮れようとしております。
再び夜の明洞に戻りましょう。
またお昼12時記事で続けます。



女ひとり たらふくソウル ひとり旅で使える食べまくり、買いまくりの40軒

スポンサードリンク

他の旅行ブログをいつも参考にさせてもらってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。